最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

そんなつもりはないのに…!ハイエナ既婚男性に狙われやすい女性の共通点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


職場に、なにかと話しかけてきたりちょっかいを出してきたりする既婚男性がいた場合、そんな男性は「僕と不倫しませんか?」というホンネを抱いているパターンも多めです。

女性としては、先輩や上司から「可愛がっていただいている」というつもりでも、彼らは虎視眈眈とチャンスを狙っているかもしれないというわけ。

そして、既婚男性が「この女性は、押せば不倫できそうだ」と狙いを定める女性には、ちょっとした共通点も。

女性にはその気がないのに、勝手にロックオンされてしまう女性ほど、自らの不用意な行動が起因しているかもしれないのです。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を専門とする私、並木まきが、既婚男性から不倫対象として狙われやすい40代女性にありがちな共通点に迫ります。

1:「恋人がいなくて」と個人的に明かしてしまう



既婚男性とプライベートな会話になったときに「私、恋人いないんですよね」と明かしてしまうと、その瞬間に「寂しいって言いたいのかな?」などと深読みしだす男性も。

これは、「40代で結婚もしていなくて恋人もいないければ、さぞかしつまらない毎日を送っているんだろう。僕と遊びたいって言いたいんだろうな」と、男性がどんどん自分の都合のいいように解釈して、暴走する引き金になりやすいセリフでもあるのです。

職場の同僚数人で飲んでいる場ではサラリと流してもらえても、個人的な会話でプライベートを明かすのは既婚男性の火をつけちゃうパターンも多く、デンジャラス。

女性としては深い意味がなく話題にしていても、こういう話題を出してしまう女性ほど、不倫相手として狙われやすい面があります。

2:とびきりの笑顔を向けてしまう




男性は、女性の笑顔に弱いもの。幾つになっても、自分にとびっきりの笑顔を向けてくれる女性のことは、つい気になってしまうようです。

そして、一般的に、女性は年齢を重ねるにつれて無邪気な笑顔を異性に向ける場面が減っていくだけに、40代女性にとびっきりの無邪気な笑顔を向けられると、それだけで自分への好意だと勘違いしてしまう男性も!

「あんなに満面の笑みを浮かべるなんて。きっと、俺のことが好きなんだなぁ」などと、勝手に思い込まれやすいのです。

たとえ、その女性がみんなにとびきりの笑顔を見せているタイプでも、男性が「自分にだけとびきりの笑顔を見せている」と思えば、勘違いしてしまっても無理はありません。

40代ともなると、職場では管理職になっているなど責任ある立場にいる女性も多いだけに、笑顔を潤滑油にしたいと思う人もいるはず。しかし、笑顔が人間関係にうるおいを与えてくれるのは間違いないお話ながら、誤解を招かないよう、ほどほどの笑顔がベターなのかも。

3:個人的なLINEを送ってしまう




最近では、同僚との業務上の連絡でも、ちょっとしたお話ならばLINEで済ませる人も増えています。

他方、「仕事の話だけじゃ味気ないから、ちょっとプライベートな話題も盛り込んで……」などと、このLINEに気を使ってしまう女性ほど、既婚男性から不倫相手としてロックオンされやすい実態も!

仕事上だけの仲ならば、個人的な話題は敢えて控える40代女性も少なくないので、プライベートな話題を送られてきた途端に「あれ?この子は、僕に気があるのかも?」と、既婚男性をカン違いさせやすくなるのです。

女性としては、味気ないLINEに華を添えただけでも、男性は誤解するというわけですね。

既婚男性には、家庭に気を使って個人的な話題を避ける女性も多いなか、連絡が来るたびにプライベートな話題を盛り込んでいる女性は、変に目立ってしまうのでしょう。

女性としては、まったくそのつもりがなくとも「お。この女性は、押せばイケそうだな」と勝手に誤解されるパターンもあります。

少しでも不倫願望を抱いている男性の受け取り方は、まるでハイエナ。「私にはその気がないのに、いつも既婚男性から言い寄られちゃって……」という女性ほど、こんな行動をしてしまっていることもあるようです。

ハイエナのような既婚男性に狙われたくない40代女性は、くれぐれも、お気をつけて!

外部リンク(OTONA SALONE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス