最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

CHEMISTRY、不仲説と活動休止の真相を告白「ソロでやりたかった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

11月10日放送の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に、男性デュオのCHEMISTRYが登場。2001年にデビューし、瞬く間にスターダムに駆け上がった2人が、2012年に活動休止したその真相を語った。

実は不仲?それともポリシー?活動休止の理由とは


番組冒頭、川畑要はCHEMISTRY結成当初に、ダウンタウンが司会だった音楽番組「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」(同局系)に出演した時のエピソードを語った。

川畑によると、浜田雅功のツッコミがきつかったそうで「僕くらいですよ、ボディにくらった男は。頭を超えてボディですからね」と笑わせた。一方で、サングラスを耳から下にぶら下げるという独特なスタイルだった川畑を、松本人志は「こいつアホちゃうか」と思っていたと告白し、一同爆笑となった。

そして、進行役の坂上忍からCHEMISTRYの歴史が明かされたが、一同が注目したのが2012年からの活動休止。浜田が「活動休止はなぜなの?どっちから言い出した?」と聞き、2人がその真相を明かした。

川畑は「単純にソロでやりたかった」といい、堂珍嘉邦も「どちらかと言うと俺の方から言い出して、ソロだとCHEMISTRYとしてできなかったことができると思ったんです」と語った。

しかしこれに対し松本は「面白くねぇなぁ~。もっと本音が聞きたいなぁ~」とイジワルにツッコんだ。これに便乗するように、ゲストの菊地亜美も「仲悪かったんですよね?ファンなら絶対思ってますよ」と追い打ちをかけ、2人は「そんなマジマジ言われても…」と困惑。

さらに2人一緒のデビューではなく、途中からデュオになった経緯から「だから仲良くないもんね」と松本がダメ押しし、川畑も「何でそこを言うんですか」と弱々しくツッコむしかなかった。

再結成に関しては、最初は川畑の方からメールで誘われたという堂珍。しかし堂珍はしばらく考え込んで返信をしなかったという。結局、1週間後にOKの返事をしたそうだが、川畑は「返ってこないのは無視ととれるんで…」と苦笑いをしながら当時を回想した。

(Yomerumoバラエティニュース編集部)


関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス