最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

佐藤仁美ブチギレ「てめえこの野郎!」安室奈美恵の話題巡り古市憲寿氏とバトル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 女優の佐藤仁美(38)が12日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。来年9月での引退を発表している歌手・安室奈美恵(40)を巡り、社会学者の古市憲寿氏(32)とバトルトークを繰り広げた。

 番組では、8日にベストアルバム「Finally」を発売した安室を特集。予約の段階で100万枚を突破し、前人未到の4年代でのミリオンセールス達成が確実視されている。

 この快挙に、古市氏が「みんながほめ過ぎの気がして」と切り出して私見を披露。ベスト盤の出来に一定の評価はしながらも「昔の曲を全部歌い直しているんですね。正直昔の方がいいなっていう曲もある。音の伸びとか高音とか歌い方とか。それもひっくるめて評価されないと逆に本人もつらい。今が最高だったって言い過ぎちゃうと。昔の方がいい、“安室さんNO”と言えない空気が気持ち悪い」と指摘した。

 これに対し、佐藤が「そう思われるのも踏んで引退って言ってると思う。だってずっと人気があるんだよ」と持論。直後に古市氏が「絶頂というわけでもない」と異を唱えると、すかさず佐藤も「ずっと絶頂なのよ、安室さんは!」と反撃した。それでもなおも古市氏が「最近のシングルでも6位とかで、ずっと1位ではない」とかぶせてくると、我慢の限界を超えたのか「ちょっと、こいつネガティブだから。人が好きだっていうとすぐ上から来るんだよ。お前、受け入れる器ゼロだな」。一気にまくしたて、相手をにらみつけた。

 また、大みそかの紅白歌合戦への出場についても意見が割れ、「出てほしい」と言う佐藤に対し、古市氏は「どっちでもいいんじゃないですか。安室さん、(紅白を)重要視してないでしょ」。どこまでも反論してくる社会学者に、最後は佐藤も「てめえ、この野郎」とブチ切れ。共演者に「言い方が…」とたしなめられるほどだった。

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス