最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

髭ヅラの美女 コンチータ・ヴルストさん最新写真がやっぱり美しい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
強烈な個性を放ち続けるオネエ系実力派歌手、コンチータ・ヴルストさん。その端正な顔立ちは大変なハンサムというべきか美人というべきか。何しろ女性らしい装いに反し、体は筋肉質で顔の下半分は豊かなヒゲが生えているのだ。「男とか女、彼とか彼女とか、そんなことより私はこの歌声で世界を魅了したい」と話す話題のオーストリア人歌手、コンチータ・ヴルストさんとはいったい…!?

今月4日、ドイツ・ベルリンで開催された『GLOW/Beauty Convention by dm』にラメがまぶしいパンツスタイルで登場したコンチータ・ヴルスト(Conchita Wurst)さん(29)。その本名はトーマス・ノイヴィルト(Thomas Neuwirth)。男であることを意識する必要がある場では“トム・ノイヴィルト”を名乗り、女性歌手であることを意識する時は“コンチータ・ヴルスト”を名乗るそうだ。

美少年として騒がれた少年時代を経てボーイバンドで経験を積み、各地でオーディションに挑戦し、艶やかな美しい声を武器に本格的な歌手を目指すようになったトーマスさん。生計を立てるために「誰もが嫌うキツイ仕事もたくさん経験した」と話す苦労人でもある。そんな彼は2014年、デンマークで開催された『ユーロビジョン・ソング・コンテスト』で見事優勝し、その強烈すぎる個性もあって一躍有名人になった。2015年には『コンチータ/ Conchita』でアルバム・デビューし、シングル曲『Rise Like A Phoenix』もLGBTI(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー・インターセックス)の大きな支持を得てヒット。同年の『ゴールデングローブ賞授賞式』においては、その堂々とした姿勢をメディアが絶賛したことも記憶に新しい。

「少年期から女装が好きだった」という彼(彼女)のスタイルは、世間一般のドラァグクイーンの印象とは違う。体はよく鍛えられており、胸毛を剃ることもせず豊かなヒゲを自慢する。だが端正で美しすぎる顔立ちゆえ、そのヒゲはまるで合成写真のようにも見えてしまう。彼の登場が世界のオネエたちにとって大きな衝撃であった一方、「気色悪い」としてアンチもたくさん作ってしまったコンチータさん。しかし誹謗中傷は気にしないよう心掛けているとのこと。インタビューのたびに「私は人を傷つけることが嫌いだし、誰に対してもリスペクトと愛が大切だから何も言わない。素晴らしい音楽を世に放ち、それを通じてセクシュアルマイノリティに関する色々な問題を訴えかけていきたい」と話している。

(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス