最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

総勢300台を超える往年の2輪、4輪マシンが大集結!日本初開催のマスターズ・ヒストリック・フォーミュラ1も見逃せない【SUZUKA Sound of ENGINE 2017】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月18日(土)、19日(日)に鈴鹿サーキットで「SUZUKA Sound of ENGINE 2017」が開催されます。

2015年に新たなヒストリックイベントとして誕生した「SUZUKA Sound of ENGINE」は、歴史的価値が高く、多くの人の印象に強く残っている国内外の往年の名車が鈴鹿サーキットに集結し、様々なゲストとともにモータースポーツの歴史を振り返る、モータースポーツファンにとって夢のようなイベントです。

3年目を迎える今年、新たな試みとして世界的に人気の高まっている「マスターズ・ヒストリック・フォーミュラ1」のデモンストレーションが日本で初開催されることが発表されました!

「マスターズ・ヒストリック・フォーミュラ1」はヨーロッパやアメリカで注目を集めている、マスターズ・ヒストリック・レーシングが主催のヒストリックF1シリーズです。

参加できるのは、1966年から85年までのノンターボ3リッターF1マシン。72年までの「ジャッキー・スチュワート・クラス」、72年以降のノン・グラウンドエフェクトF1による「エマーソン・フィッティパルディ・クラス」、72年以降のグラウンドエフェクト・マシンを対象とした「パドリック・ヘッド・クラス」、そして72年以降のフラットボトム・マシンの「ニキ・ラウダ・クラス」の4つにクラスに分けられているのが特徴です。

そして最大魅力は、往年のマシンが全力でレースをする光景を見られること! 参加するドライバーは皆、国際C級ライセンスを保持し、アマチュアながら様々なカテゴリーでキャリアを積んできた腕利き揃い。それらをサポートするチームやメカニックにもF1経験者は多く、パドックはまさに「プチF1ワールド」といった雰囲気なのだそうです。

現在「マスターズ・ヒストリック・フォーミュラ1」は、スパ・フランコルシャン、モンツァ、シルバーストーンなどのグランプリコースを舞台とした全8戦のヨーロッパラウンド、カナダGP、アメリカGP、メキシコGPのサポートレースを含めた全6戦の北米ラウンドと、2つのシリーズで開催されており、そこにエキシビション戦として新たに「SUZUKA Sound of ENGINE」が加わることになったのです。

一体どのようなヒストリックF1マシンがやってくるのか、参戦車両をご紹介します!

■Tyrrell 001(1970年)

ジャッキー・スチュワートのドライブで1970年F1第11戦カナダGPに現れたTyrrell 001は、いきなりポールポジションを獲得。70年はトップを走るも全てリタイアに終わりましたが、翌71年には南アフリカ、非選手権のカナダとブランズハッチで2位に入り活躍しました。

■Brabham BT37(1972年)

ロン・トーラナックから、新たにバーニー・エクレストンが代表に就任したモータースポーツ・ディベロップメント(ブラバム)が1972年用に用意したマシン。Brabham BT37は2台のみが製作されましたが、このシャシーナンバー2は、ロイテマンのレースカーとして第5戦ベルギーGPでデビューしています。

■Hesketh 308B(1974年)

ヘスケスは大富豪でレース好きの貴族、アレキサンダー・ヘスケス卿が設立したレーシング・チーム で、気鋭の新人ジェームス・ハントを擁して1973年からF1へと進出。74年からポスルスウェイト設計のオ リジナル・マシン308を投入し、4月にブランズハッチで行われた非選手権のBRDCインターナショナル・トロフィーで優勝したほか、公式戦で3度の表彰台を獲得しました。

■Maki F101C(1975年)

日本初のプライベートF1チームとして1974年から挑戦を開始したマキ・エンジニアリングが1975年シーズン用に用意したマシン。資金難からヨーロッパ・ラウンドのみのエントリーとなり、イギリスGPとオランダGPで鮒子田寛氏、ドイツGPとオーストリアGPでトニー・トリマーがドライブしました。

■Williams FW04(1975年)

1969年にプライベーターとしてブラバムBT26AでF1挑戦をスタートした、フランク・ウイリアムズ・レーシングカーズ。FW04はウイリアムズが1975年用に用意したマシンで、スペインGPでデビュー。DFVとFG400 を組み合わせた典型的な「キットカー」であるものの第11戦ドイツGPでラフィーが予選15位から値千金の 2位でフィニッシュ。チーム創設後初めての表彰台を獲得しました。

■Brabham BT49C(1981年)

ブラバムのオーナーであるバーニー・エクレストンは、デザイナーのゴードン・マーレイに、BT48に搭載するアルファ・ロメオV12エンジンを諦めコスワースDFVへの載せ替えを指示。1981年にはカーボンで補強したアルミモノコック、ジャッドチューンのDFV、アルファ・ロメオ製ケースにFG400を組み合わせたギヤボックスなど基本スペックは同じながら、スライディングスカート禁止対策としてハイドロニューマティックサスを搭載したBT49Cが登場し、ネルソン・ピケが3勝を挙げて初のドライバーズ・タイトルを獲得しました。

■Williams FW08(1982年)

全15戦中11人のウィナーが誕生するという、史上稀に見る混戦となった1982年シーズンにおいて、第14戦スイスGPで挙げた初優勝の1勝のみでチャンピオンとなったケケ・ロズベルグがドライブしたチャンピオンマシン。ドイツGPで3位、オーストリアGPではエリオ・ デ・アンジェリスのロータス91との接戦の末、惜しくも2位となったヒストリーをもっています。

■Lotus 92(1983 年) 

前年の91をベースにチームロータス創立者のコーリン・チャップマンと、デザイナーのマーティン・オグルビーが開発し1983年シーズンに投入されたマシン。1983年シーズンの8戦まで、後に1992年に年間チャンピオンを獲得するナイジェル・マンセルがドライブし、デトロイトGPでの6位が最高位となりました。

この他にもLotus76(1974年)、March761(1976年)、McLarenM26(1976年)、PenskePC(1976年)、Tyrrell012(1983年)が参戦。合計13台による「マスターズ・ヒストリック・フォーミュラ1」でどのようなエキシビジョンレースが繰り広げられるのか、必見です!

「SUZUKA Sound of ENGINE 2017」では、テーマごとにカテゴリー1から8に分けられた各マシンによる展示、デモラン、デモレースが行われるのですが、中でも注目したいのが、メーカーの威信をかけて開発され、今なお伝説として語られるモンスターマシン「グループCカー」です。

■Lancia Ferrari LC2 #9(マルティニカラー)(1986年)

ポルシェ956、962が強さを見せる1986年のWSPC(世界スポーツ・プロトタイプカー選手権)に参戦したのが、フェラーリのV8・2.6Lツインターボエンジンをミッドシップに搭載したLancia Ferrari LC2。「SUZUKA Sound of ENGINE」初登場です。(※写真は同型車)

■Porsche 962LM Rothmans ver.(1986年)

1984年にアメリカの耐久シリーズIMSA、世界耐久選手権(WEC)用に開発されたPorsche 962LM。IMSAでは1985年から3年連続マニュファクチャラーズとドライバーズのダブルタイトルを獲得する大活躍を見せ、同時にル・マン24時間レースにも参戦し、1986年ジャガーやザウバーとの戦いを制して1-2フィニッシュを飾りました。

■MAZDA 787B #202 JSPC仕様車(1991年)

1991年のル・マン24時間レースで総合優勝を飾ったMAZDA 787B  #55がミュージアム入りとなった後、国内の全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)レースに参戦するため、ル・マン後に急遽製作されたマシン。外観上はル・マン仕様には不可欠な高照度ヘッドライトがなく、レナウンカラーのグリーンとオレンジの配置が逆転されているのが大きな特徴です。イベント内で「ミスタール・マン」こと寺田陽次郎氏がデモラン予定!

この他、参戦マシンは以下の通りです。

NISSAN SILVIA TURBO C Nichira March 83G(1983年)、MCS・Guppy(1985年)、TOYOTA TOM’S 85C-L(1985年)、NISSAN R86V(1986年)、ADVAN alpha Nova 962C(1989年)、MAZDA 767B(1989年)、NISSAN R90CK #27 FROM A(1990年)、 CALSONIC NISSAN R92CP(1992年)、TOYOTA TS010 (1992年)、 YHP NISSAN R92CP(1992年) 。

そしてCOOPER MASERATI T86(1967年)や Ferrari F2003-GA(2003年)と言った、合計8台の歴代F1マシンが集まる「 LEGEND of Formula1」や1972年までに製造されたロードレースマシンが鈴鹿に集結する「MOTORCYCLE HERITAGE」、60年代から70年代にかけて、日本のモーターサイクルスポーツを支えた2輪の貴重な名車が素晴らしいサウンドを奏でる「モーターサイクルの原点」、 クラシックカーやビンテージカーの魅力を伝える展示、走行イベント「TIME TRAVEL PARKING」など、2日間を通してイベントが目白押し!

2日通し券、1日券、グループチケット、プレミアムチケット、ヘリコプター搭乗券付きチケットと様々な種類のチケットがあるので、自分にあったチケットを探してみてくださいね。

F1マシン21台、グループCカー13台、ロードレース世界選手権(WGP)マシン4台、その他レジェンドマシンや展示車両など、総勢300台を超える車両が大集結する「SUZUKA Sound of ENGINE 2017」。往年のマシン達のサウンドを堪能しに、鈴鹿サーキットに足を運んでみてはいかがでしょうか。

(yuri)

【関連リンク】

「SUZUKA Sound of ENGINE 2017」公式ホームページ
http://www.suzukacirt.jp/soundofengine/

外部リンク(clicccar)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス