最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

山崎賢人に「試練の冬」か!? 日テレの“爆死枠”で連ドラ初主演も……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気若手俳優・山崎賢人が満を持して、連ドラ初主演に臨む。山崎は来年1月期の日本テレビ系ドラマ『トドメの接吻』(日曜午後10時30分~)で初めて、連続ドラマの主役に起用される。

同ドラマは、『南極大陸』『クロコーチ』『仰げば尊し』(いずれもTBS系)、『極悪がんぼ』(フジテレビ系)、『デスノート』(日本テレビ系)などを手掛けた、いずみ吉紘氏によるオリジナル脚本。愛を信じず、カネと権力だけを信じるクズホストの主人公・堂島旺太郎(山崎)が、目の前に突然現れたナゾの女(門脇麦)に、接吻を贈られ死亡。意識を取り戻すと、そこは見覚えのある7日前の景色で、タイムリープ(時間移動)して、同じ時間を繰り返す。ナゾのキス女によって、旺太郎は何度も“死”と“時間”を繰り返すというストーリーだ

山崎は、2015年前期のNHK連続ドラマ小説『まれ』に出演し、パティシエとなる主人公・希(土屋太鳳)の同級生で、後に夫となる紺谷圭太役を演じブレークを果たした。その直後の同12月に公開された映画『orange-オレンジ-』では、土屋とのコンビを再結成し、興行収入32億5,000万円を上げるヒットに導いた。

その後、頻繁に映画の主演に起用されるようになったが、勢いがあったのは『orange』まで。今年は2月公開の『一週間フレンズ。』を皮切りに、実に5作に出演し、うち4作で主演したが、興行成績は芳しいものではなかった。最新作である3日公開の『氷菓』に至っては、第1週の「週末観客動員数ランキング」(興行通信社調べ)でトップ10入りすらできず爆死。映画ファンからは「出すぎで飽きた」といった声も少なくないようだ。

一方、ドラマでは昨年7月期『好きな人がいること』(桐谷美玲主演/フジテレビ系)に準主役で出演して以降、久しくごぶさただったが、今クールのTBS日曜劇場『陸王』に2番手で登場。そして、次クールには『トドメの接吻』で初の主演を務めるとあって、来年はドラマにも力を入れていこうとの方針のようだ。

「日テレの日曜ドラマは、極めて難しい枠。現在放送中の『今からあなたを脅迫します』(ディーン・フジオカ武井咲主演)は視聴率5~6%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で苦戦しています。同枠ドラマは15年4月期にスタートしましたが、これまで視聴率が2ケタに乗ったのは、山崎が2番手で出演した、同7月期『デスノート』(窪田正孝主演)の1作のみで、いわば“爆死枠”ともいえます。そんな中、『トドメの接吻』が高視聴率をマークするのは至難のワザでしょうね。山崎にとっては、まさに“試練の冬”になりそうです」(テレビ誌関係者)

逆をいえば、視聴率を取るのが難しい枠だからこそ、低視聴率でもバッシングは少なく、傷もつかずに済むという見方もある。同枠は、ここ最近は若手俳優(女優)が主演を務めることが多いだけに、何はともあれ、前クールの福士蒼汰主演『愛してたって、秘密はある。』の平均8.6%は、超えたいところだろう。

(文=田中七男)

外部リンク(日刊サイゾー)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス