最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

松ちゃん「いよいよ大変」意味深ツイートの真意「人志少年が嘆いたこと」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(54)が12日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。6日に自身のツイッターに投稿した「バラエティはいよいよ大変だ」とのコメントについて、その真意を明かした。

 松本がつぶやいた最近のバラエティー番組への思い。フォロワーの間では、来春終了が発表された同局系「めちゃ×2イケてるッ!」(土曜後8・00)や、大みそかの風物詩になっている日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけない」シリーズに関するコメントではないかとの憶測が広がった。

 これを受けて松本は「別にいろんな意味合いも込もってますよ。子供時代、テレビっ子で、テレビで笑わしてもらった。御恩返しじゃないですが、僕も今テレビで面白いことしたいなって思うんですけど、なかなか今やりにくい状況が続いていることを、ひとし少年が嘆いたということ」と説明した。

 さらに、元SMAP稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)が出演し、2日から5日にかけて放送されたAbemaTV「72時間ホンネテレビ」についても触れ「盛り上がっていたらしいんで、地上波テレビも負けてられないなって」とコメント。自身もインターネットお笑い番組を手掛けているだけに「地上波は地上波でダブルスタンダードで面白いことをやっていきたい」と意欲的に話した。

 ただ、BPOの存在が現在のテレビ業界に影響を与えているとも。BPOは本来、倫理やテレビ番組の向上を目的としていることを挙げ「テレビ局や作り側がみんな委縮しちゃって、むしろ逆方向に行っちゃってるんじゃないか。考えた方がいいんじゃないか」と、現在の流れを憂いた。

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス