最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

ロンブー田村淳、義務教育に持論を展開「学びたくない時は学ばなくて良い」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月11日、AbemaTV(アベマTV)にて『偏差値32の田村淳が100日で青学一直線~学歴リベンジ~』(毎週土曜よる10時~)が放送され、ロンドンブーツ1号2号・田村淳が、予備校に通う受験生の前で決意表明を行った。

 同番組のディレクター・通称しげさんと共に、来春の青山学院大学合格を目指している田村。11日放送回で2人は、東進ゼミナール関校で実施される受験合宿に参加するため、岐阜県関市へ向かった。今回の合宿の目的は、受験生との交流と苦手な英語学習の強化。合宿1日目は、英語の基礎をみっちり学んだ後、同校の伝統行事である決意表明の会に出席した。

「受験勉強では負けていますけど、おしゃべりでは絶対負けない」と、ライバル心をむき出しにする田村。受験生たちの前に立つと「なんでその歳になって勉強するんですか?大学を目指すんですか?とよく聞かれるんですけど、シンプルで、今勉強したいからするんです、今行きたい大学があるから大学受験をします。これ以外の答えが見つからなくて」と話を切り出した。

田村は受験勉強を開始したここ2週間で「学びたい時に学ぶということが、一番自然な形である」と痛感したという。「世の中には学びたくないのに学んでいる人がいるのが、ものすごくもどかしい。義務教育でも学びたくない時は、学ばなくて良いと思っています。先生のこと蹴ったりするような生徒は、たぶん学びたくないんだよ」と持論を展開した。

さらに「やりたいことがあるから学ぶというこの縦の流れに、43歳になってようやく気づきました」と発見を語り、「受験のその先のことを考えながら勉強すると、1つ1つの覚えなくてはいけないこと、解かなくてはいけない問題が楽しくなる」と熱弁した。

その後は「俺は楽しんで走ってやろうと思っています。じゃないと、俺の頭には勉強が入って来ないから。とにかく誰よりも楽しんで勉強して、さらに大学合格というところまで行きたい」と意気込みつつ、「もし受験に失敗したとしても、自分の人生にプラスになると思っている」と率直な心境を明かした。

 同じ境遇の若い受験生たちと、目標を共にした田村。この日はセンター試験の願書も記入し、いよいよ受験が現実味を帯びてきた。田村は合宿1日目の感想を「今日の授業だけで英語の道が開けてきたからその希望の光もあるし、現実の重い物も背負った」と振り返り、改めて受験の厳しさを目の当たりにしたようだった。

(c)AbemaTV

外部リンク(AbemaTIMES)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス