最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【おひるねアート】クリスマス編 初心者でも簡単にまねできるよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 赤ちゃんに小物や背景を付けて、かわいいアートの世界観の中で撮影する「おひるねアート」。今回は、初心者でもできるおひるねアートのクリスマス編を紹介します。

■<クリスマスアート> (作品名「ふんわりホワイトツリー」)

・必要な材料…100円ショップやプチプラ雑貨ショップなどで調達! (カッコ内が調達先)


<ツリー本体>

①白いブランケット(IKEA/イケア)

②茶色のバスタオル(自宅のもの)

③白い星の飾り(500均)

④小さな星の飾り(100均)

⑤茶色のリメイクシート(100均)

⑥ボールのおもちゃ(100均)

<全体の装飾>

①「CHRISTMAS」の文字のアルファベットバナー(300均)

②綿(100均)

<このほか必要な物>

背景に敷く赤いブランケット

子どもが好きなぬいぐるみやおもちゃ

■<アートの工程>

工程①背景布を敷く。今回はブランケットを使用していますが、布団のシーツなどもおすすめ。赤や深緑などのクリスマスカラーであればより雰囲気が出ます。

<ここがポイン ト!>

背景布の四隅はテープで止めておくと、シワになりにくくワンランク上の仕上がりに!よく動く赤ちゃんは、写真のように8カ所ほど止めると安心です。

工程②2つの星の飾りを中央の上部に置いたら、白いブランケットを三角に折り込んでツリーの形を作る。

工程➂茶色のバスタオルを折ってツリーの幹を作り、リメイクシートを折って植木鉢に見立てて配置する。

工程④ボールのおもちゃをツリーのオーナメント風に配置。左上にアルファベットバナーで「CHRISTMAS」の文字を作り、おしゃれに並べる。

<ここでポイン ト!>

ツリーのオーナメントに使用するボールは、そのままだと転がってしまうので、裏にテープを止めて固定すると撮影中も安心です!

工程⑤綿を丸めて、雪のイメージでバランスを見ながら配置する。

工程⑥お気に入りのおもちゃやぬいぐるみを、ツリーの下に置いたら完成!(写真ではクマのぬいぐるみ、にぎにぎ、布ボールを入れています)

(掲載画像…必要であれば、再度完成写真?! 完成アート図 「ふんわりホワイトツリー」)

100均で購入したサンタカチューシャをかぶって撮影すれば、よりキュートに♪

赤ちゃんが普段使っているおもちゃや、いま大好きな物をアートに入れてあげると、成長した後に写真を見

た時に「このおもちゃ好きだったなあ!」と子ども自身が自分の小さな頃を思い出すきっかけになったり、そのことを成長した我が子に話してあげることもできるので、より思い出深い作品になりますよ! 記念日などの思い出づくりの撮影時にもおすすめです。

今回、アートを伝授してくださったのは「日本おひるねアート協会」の人気講師、田中左幸さんと宇野舞里子さんです。田中さんは愛知県を、宇野さんは千葉県を中心に活動されている先生で教室やイベントも開催しているので、気になる方はぜひブログなどをチェックしてくださいね。

(↓掲載画像…など田中先生の代表作)

<写真キャプ参考> 代表作「ジャックと豆の木」 は、第3回おひるねアート協会認定アーティストコンテスト入賞作品

<講師プロフィール>

田中 左幸(さゆき)さん

日本おひるねアート協会®認定講師、認定アーティスト、認定フォトグラファー。
UN-DECORロゼット講師、petapeta** 手形アートアドバイザー。2014年5月・2016年10月生まれの姉妹を子育て中。

ブログ「【愛知 長久手 日進 尾張旭 瀬戸 みよし 豊田 名古屋 名東区】おひるねアート®わかな 撮影会」

<写真キャプ参考>「エンゼルフィッCHU!」は、「ヒルナンデス!」でも紹介された作品。

<講師プロフィール>

宇野 舞里子さん

日本おひるねアート協会®認定講師、認定アーティスト、認定プロフォトグラファー。0歳から5歳まで3人の子供の育児に奮闘中。

ブログ「市川ママのおひるねアート教室★」

外部リンク(OVO)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス