最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【試写室】「三宅裕司と春風亭昇太のサンキュー歌謡曲一座」さながら“オトナの歌謡曲同窓会”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「とぼけた顔してババンバン」とか「ババンバ バン バン バン」とか…。

言葉自体の意味は全然分からないのに何のことかすぐ分かる。メロディーをつけなくても、文字の並びだけでリアルタイムでは知らない筆者でもピンとくるワードになっている。

それも、よくよく考えるともう40~50年前には既にあった言葉(歌詞)だって言うんだから、名曲は時代を超えるなあ~。

各局で放送されているドラマやバラエティー、アニメなどを事前に完成DVDを見て、独断と偏見とジョークに満ちたレビューで番組の魅力を紹介する、WEBサイト・ザテレビジョン流「試写室」。

今回は、そんな「ババンバ バン バン バン」な名曲が堪能できる、11月12日(日)夜7時から放送のニチファミ!「三宅裕司と春風亭昇太のサンキュー歌謡曲一座~ナウなピースでこまっちゃうナ~だめだこりゃ編~」(フジ系)を取り上げる。

懐メロ系音楽番組が似合う男・三宅裕司と、日曜夕方の“猛獣使い(?)”春風亭昇太の2人がMCとしてコンビを組む同番組。

1960年代から70年代までの日本歌謡史を「こまっちゃうナGS時代」(1966~67年)、「ナウなピース時代」(1971~72年)、「だめだこりゃ時代」(1976~77年)と3つの時代に分けて、その時代の名曲や今だから明かされる芸能界の裏話を紹介していく。

「こまっちゃうナGS時代」には山本リンダや布施明らが、「ナウなピース時代」では小柳ルミ子が「瀬戸の花嫁」を歌うほか、布施&松崎しげるによる尾崎紀世彦の「また逢う日まで」カバーなど。

そして「だめだこりゃ時代」では、ももいろクローバーZの佐々木彩夏、玉井詩織、高城れにが登場し、加藤茶や仲本工事、高木ブーら“こぶ茶バンド”とのコラボに挑戦。デュエット企画では、ももクロの3人が黒沢博(ヒロシ)と共に名曲「3年目の浮気」を披露する。

ほか、「山口百恵の名曲特集」では森昌子と三浦祐太朗と阿木燿子がテレビ初共演。幅広い世代が楽しめる番組になっている。

■ 独断と偏見のレビュー

大御所といわれる歌手がズラリ集合した本番組。歌手の方々の入場シーンで、いきなり布施明がワクワク感をそそる動きを見せ、開始数分で日曜にファミリーで見られる番組だなというのがすぐに伝わった。

まず「こまっちゃうナGS時代」では、山本リンダ姐さんの年齢不詳感がすごい。個人的には仕事柄女性に対して“美ボディー”とか“神ボディー”とか、しょっちゅうそういう文言を使って記事を書いているんだが…(どういう仕事だ)、まさに美ボディーは彼女のためにあるような言葉だろう。

美魔女という言葉が少し前にはやったが、もう敬意を表して彼女は“魔女”と言ってもいい。パッと見すぐに分かる抜群のプロポーションは、過去の映像と見比べても一切見劣りしないばかりか、美しさのグレードはアップしているかも。

ビートルズ狂騒曲、ツイッギー旋風…など、当時の流行した歌謡曲だけでなく、その時代を象徴する出来事やはやった言葉なども紹介。特に個人的にはビートルズ来日の際の“生の声”に驚いた。こんなリアルなコメントがいまだに残っていたとは…。あまり見たことがない気が。

ツイッギーといえば、司会の三宅も出演していた朝ドラ「ひよっこ」(2017年、NHK総合ほか)の時代の出来事でもあるから、「ひよっこ」ファンとしては最近耳にしたばかりだろうから感情移入もしやすいだろうし、ドラマで流れた曲も当然出てきた。

ライブ部分では、自分も大御所なんだろうけど、歌唱中に目の前で大御所の歌手仲間にじっと見詰められているのは、どういう気持ちなんだろうか。個人的にちょっと気になった。自分がその立場なら逃げ出したくなるだろうから。

個人的には、橋幸夫が初めて美空ひばりの名曲「真赤な太陽」を歌い上げる場面で、彼のバックダンサーの太陽ガールズ(※仮名)と客席の布施の踊りもちょっと気になってしまったけども。

それから井上順の乱入。こういう大人になりたいって社交性を持つ大人のおじさんの代表格だ。この人にしても、高田純次にしても、こういう自由奔放なおじさんになりたい。

GS(グループサウンズ)の名曲ランキングも登場。筆者も年代的にそこまでこの世代に詳しくないが、なぜか知っているアーティストが出るたびに「懐かしいなあ!」と言ってしまうのは、目の錯覚というより、メモリー細胞の誤作動とでもいうべきか? 単純にそれに近い感情がないだけか。

また、昇太ドリームバンドのGSメドレーも! 昇太のボーカルはひとまず置いといて…このバンド、メンバーがそれはそれは豪華だ。

GSに詳しい人なら、うわっ~!って心から叫びたくなるメンバーばかり。それに三宅のドラムもカッコイイ。最近はただのとぼけた面白いオジサマというイメージが先行しがち(失礼)だが、こういうカッコイイところもあるんだな~これが。昇太は歌い方がというか、表情が、というか、いくつになってもキュートな人だ。

どうしても、世代ごとに歴代の名曲を紹介&トークを展開する番組だと、元ヤンが過去の武勇伝を語る感じになりがちだが、この番組はちゃんと客観的に紹介しつつ、必要以上に自分の持ち曲を自分で振り返らないのもいいところ。

それを補足するのが、「昇太メモ」という裏ネタ。このおかげで客観性が保てているのかもしれない。

デュエットソングブロックでは、中山秀征が登場。いきなり空気を自分のものに引き込むトーク術は見事しか言いようがない。やっぱり三宅&中山コンビが並ぶと「見たい、聴きたい、歌いタイ!」と思わず言ってしまいたくなったけども。

往年の「デュエットソング」をスペシャルユニットが歌うコーナーも。組み合わせはバラバラだが、ヒロシ&キーボーのヒロシとももクロ・佐々木、玉井、高城による「3年目の浮気」は思わずニヤニヤしてしまうほどほっこり。そういう世代を超えたデュエットも本当にいいものですねえ。

そして山口百恵ブロック。百恵先生の長男・三浦佑太朗が歌うのも久々に見た気がする。森昌子の一拍置いた感じの歌い方で歌う「イミテイション・ゴールド」は妙に艶っぽくていいし、三浦の「さよならの向う側」もグッとくる。

こぶ茶バンドが登場したドリフブロックでは、三宅&昇太も加わり即席ドリフターズ!?に。意外と自然にハマるものですなあ。ババンバ バン バン バン!

それにしても豪華な「オトナの歌謡曲同窓会」という印象を受けた本番組。とにかく昇太が最初から最後までずっと少年のように目を輝かせていて楽しそうだった。

だいぶ汗をかいて笑っていたようだから…最後に一言「風呂入れよ!」と言っておこう。

こんなオチじゃ…だめだこりゃ、ってか?

https://news.walkerplus.com/article/127512/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス