最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【ディズニークリスマス】今年も登場! ぬいぐるみを自分で作れる「メイク・イット・マイン」徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京ディズニーリゾート(TDR)では、2017年11月8日(水)~12月25日(月)までクリスマスイベントを開催中。

好きなパーツを組み合わせて自分だけのスノースノーを作る「メイク・イット・マイン」が2017年も登場しました。

昨年との違いやオススメのウェアなど徹底的にご紹介します。

■メイク・イット・マインとは

「メイク・イット・マイン」とは、自分の好きなパーツを組み合わせ作ることのできるオリジナルグッズです。

ベーシックセット(2,200円)は、ボディー・ボール・リペットの中から好きなものをひとつずつ選びます。

さらに、ヘッドウェアとウィンターウェアを組み合わせることで、もっと自分だけのスノースノーを作ることができます。

■昨年となにが変わった?

2016年度の「メイク・イット・マイン」との違いを見ていきます。

■スノーチップとスノーデールが登場!

まず、ボディーに「スノーチップ」と「スノーデール」が登場しました。

どんぐりのボタンが可愛らしいデザインです。

リペットをつけるための穴はお尻についています。

■後頭部にボタンがついた

「スノーミッキー」と「スノーミニー」は2016年度とほぼ同じ。

変わった点は、後頭部にヘッドウェアをつけるためのボタンがつきました。

耳の小さな「スノーチップ」と「スノーデール」と共通のヘッドウェアをつけるために、ゴムの付き方が変わったためだと思われます。

■ヘッドウェアは紛失防止の改良

紛失しがちだった「ヘッドウェア」。

今年のヘッドウェアは紛失防止のために小さな輪っか状の紐がつきました。

紐にチェーンと通すことで、もし頭から外れてしまってもなくす心配がありません。

■取り扱い店舗の変更

「メイク・イット・マイン」の取り扱い店舗が昨年と変わりました。

東京ディズニーランドは、「モンスターズ・インク・カンパニーストア」。

東京ディズニーシーは、「ロストリバーアウトフィッター」です。

■昨年購入した人でも楽しめる!

昨年、「メイク・イット・マイン」を購入した人でも大丈夫!

ウィンターウェアとヘッドウェアのみの購入できます。(※おひとり1会計につき4つまで)

実際に着せてみたところ、後頭部のボタンがなくても問題なく着せられました。

ちなみに、「ベーシックセット」を購入する場合でも、ウィンターウェアとヘッドウェアは、おひとり1会計につき4つまでしか購入できないのでお気を付けください。

■イチオシのウィンターウェア

筆者の独断と偏見でイチオシのウィンターウェアを紹介します。

■マーチングハット&コート

マーチングハット&コートはまるで「くるみ割り人形」のよう。

クリスマスのダッフィーたちとの相性も抜群です。

■マフラー(ディズニーリゾートライン限定パーツ)

ディズニーリゾートラインの「期間限定デザインのフリーきっぷ」(2017年11月7日より販売)の購入特典として、ディズニーリゾートラインのようなマフラーが登場しています。

限定パーツなので、なくなり次第終了!

男性の方にもオススメのウィンターウェアです。

■スノースノーとおそろコーデ

スノースノーのスペシャルグッズは「メイク・イット・マイン」の他にも多数登場しています。

なかでも、ファンキャップはお好みのファンキャップパーツをつけてカスタマイズすることが可能!

「メイク・イット・マイン」のヘッドウェアとお揃いの帽子を組み合わせれば、おそろコーデもできちゃいます。

あなたも、自分だけのスノースノーとおそろコーデで一緒にお出かけしてみては。


外部リンク(ウレぴあ総研)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス