最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

アンジュルム 秋ツアースペシャルで新曲初披露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハロー!プロジェクトに所属するアイドルグループ・アンジュルムの秋ツアースペシャル公演「アンジュルム コンサート 2017 Autumn 「Black & White」special ~風林火山~」が11月11日に中野サンプラザにて開催され、ステージ上で12月13日発売のBlu-ray/DVDシングルより新曲3曲が初披露された。
今年9月からスタートした全国18ヶ所 36公演のツアーに合わせ、スペシャルな構成で届けられたこの公演。アンジュルムにとって本ツアーは新メンバーの船木結(ふなき むすぶ/カントリー・ガールズと兼任)、川村文乃(かわむら あやの)を迎え、10人体制でパフォーマンスを行なう初めての単独ツアーとなった。
DEF_8006
チケットは昼公演・夜公演ともソールドアウトし、各公演で約2200人ずつを動員した。満席となった会場でファンが今か今かと待ち構える中、黒い光沢のある衣装で現れたアンジュルムのメンバーは序盤からシャープな動きの中に熱量と大人っぽさを感じさせるパフォーマンスを披露。MCではリーダーの和田彩花が「この10人のステージを見て、改めてアンジュルムの魅力を知ってもらえればと思います」とコメントにも自信を見せた。
そして、この日は12月13日発売のBlu-ray/DVDシングル『マナーモード/キソクタダシクウツクシク/君だけじゃないさ…friends』から、新曲の3曲全てを初披露。情熱的なアンジュルムの王道を感じさせるロックチューン『マナーモード』に続き、『君だけじゃないさ…friends』では爽やかな歌詞とメロディを細かいステップにのせ、笑顔を絶やさないパフォーマンスで感動を届ける。
中盤、コンサートのサブタイトルにもなった“風林火山”をテーマにしたダンスパフォーマンスも見どころだ。VTRで風林火山の本来の文言が映しだされたあと、「風」では竹内朱莉が、「林」では佐々木莉佳子が、「火」では室田瑞希が、「山」ではリーダーの和田彩花が、それぞれのテーマをダンスで表現した。
後半は白い衣装をまとったメンバーが『次々続々』を皮切りに、9曲をほぼノンストップで熱演。楽曲によっては舞台中央の円形がメンバーをのせて高々とリフトアップし、2階の観客席にも近い位置で10人のパフォーマンスが繰り広げられた。アンジュルム史上初の10人構成で楽曲ごとのフォーメーションもより迫力のあるものになり、持ち前の攻めのナンバー群で会場のボルテージは最高潮に。ラストの『大器晩成』まで一気に突っ走り、本編は締めくくられた。
アンコールでは、この日初披露となった新曲3曲のうち、最後の一曲『キソクタダシクウツクシク』を披露。新曲の中で最も刺激的な、危うさを感じさせるハイテンポな恋愛ソングに披露後会場からは大きな喝采があがる。
締めの挨拶では今回のツアーで初のホールコンサートを体験した川村文乃が、「皆さんの声援が全身に伝わって嬉しかったです」と興奮した様子でコメント。また、船木結は「今回の『風林火山』ではいつもより5歳、いや100歳ぐらい背伸びしてカッコいいアンジュルムを演じてみました!」と語った。和田彩花はこのコンサートのリハーサルから振り返り「アンジュルムは(川村と船木の)二人が入ったことで、10人の個性が際立つグループになったと思いました。今後はそれを活かしてパフォーマンスにつなげていけたらなと思います」と宣言。アンコールラストには「友よ」が披露され、これからのアンジュルムに大きな期待が高まる中で公演は終了した。
この公演とあわせ、11月11日18:00からはアンジュルムの新曲『マナーモード』の楽曲先行配信がスタート。また、21:00からはアンジュルムのYouTubeチャンネルにて『マナーモード』のスマートフォン用プロモーション映像が配信された。
「アンジュルム ライブツアー 2017秋「Black & White」」は今後、翌11月12日の甲府KAZOO HALL公演から12月10日の熊本B.9公演まで9ヶ所18公演を予定。アンジュルムはツアー終了後、12月13日に新体制初となるBlu-ray/DVDシングル『マナーモード/キソクタダシクウツクシク/君だけじゃないさ…friends』をリリースする。

外部リンク(dwango.jp news)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス