最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

横山剣「ここから“スタート”」CKB結成20周年を振り返る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
R&B、ソウル、ファンク、ジャズ、ボサノヴァ、歌謡曲などジャンルの壁を取り払った全方向型音楽で存在感を発揮し続けるクレイジーケンバンド(以降CKB)が、ことし結成20周年を迎えた。

9月2日に神奈川・横浜赤レンガ倉庫 野外特設ステージで行われた、彼らの結成20周年イヤーの記念ライブが、11月19日(日)にWOWOWライブで放送される。

今回、ボーカルの横山剣にライブの見どころや、セットリストのこだわり、今後の展望などを聞いた。

■ 瞬間瞬間燃え尽き、ルーキーのように攻めていきたい

――9月2日の横浜赤レンガ倉庫でのライブはいかがでしたか?

野外ってなかなか勇気が要るんですよね。晴れてうまくいけば最高なんですけど、雨が降ったらもう最悪になるので、一か八かみたいな。CKBは雨男が多くて(笑)。その日の朝も雨が降っていたので、またか…って感じだったんですけど、だんだん晴れて、青空が見えてきて…攻めて勝負に出て良かったなと思いました。

――横山さんにとってライブが行われた横浜赤レンガはなじみの深い場所だと思いますが?

船も見えるし、ベイブリッジも見えるし、赤レンガも真横だし、ライブをやるにしても、単純に場所としても横浜のいいとこどりのロケーションで、最高のシチュエーションでしたね。こんな所でできることはなかなかないんですけど、今回は赤レンガのリニューアル15周年と重なり、すごくラッキーなことにやらせてもらったんですね。

――20周年ライブということで、今回どういった思いが込められているのでしょうか?

結成した時は37歳だったんですが、20周年は随分早かったです。「20年やったぞ!」というよりは、ルーキーに戻ったように、もう一回攻めていこうという意気込みで、ここから“スタート”になればと思いました。

――そういう意味では20周年は大きな一つ起点になりますか?

そうですね。バンドってなかなか続きそうで、続かないんですよね。続いた秘訣(ひけつ)は分からないんですけど、とにかく先のことはあまり考えないで瞬間瞬間燃え尽きるという感じでやっていたら20年たっていました

■ 今だからこそ輝くCKBの曲を届けたい

――たくさんの楽曲がある中で、今回の20周年記念ライブのセットリストはどのように決められたんでしょうか?

とにかく今最も脂の乗り切ったCKBを見せられるということ。人気曲とかシングル曲でもないCKBのちょっと埋もれた曲も、今の時代だったらぴたっと合うというか、もっと輝いて愛されてもいいんじゃないかという曲があったので、そういった曲もこのタイミングでやりました。

――セットリスト考えるのもすごい楽しかったんじゃないですか?

すごい楽しかったですよ! メンバーと微調整しながら練習していくたびにブラッシュアップしていって、ちょうど本番で間に合った感じです。結構ギリギリまでやっていました(笑)。

――ライブの演出も印象的なものが多かったのですが、オートバイに乗っての登場で会場が沸いていましたね。

いつもオートバイで登場したいぐらいなんですけど、屋内だとそうはいかないので、思い切りやれたのは野外ならではですね。登場した時は「これからステージが始まる」という緊張感よりも、「ステージへの坂を登る時にエンストしたらどうしよう?」とか、そっちのドキドキ感がありました(笑)。

――バイクでさっそうと走っている姿にいいライブになる予感がファンの方もしていたと思いますが?

朝は雨も降っていたので感じられなかったかもしれないんですけど、だんだん晴れてきていい感じでオープニングのタイミングと全部一致して、本当にミラクルとしか言いようがないですね(笑)。そういう時って説明がつかないというか根拠のない、いい予感みたいなものを僕も感じました。

■ 今回のライブが自信に!「妥協しないで攻めていきたい」

――ライブからしばらく時間がたちましたけど振り返って、横山さんにとってどんなライブになりましたか?

すごく自信になりました。またどういうふうに転がっていこうかという部分ですごく見えた感じがしますね。自分たちの今思うことを今出していくべきというか、あまり後世に残るとかそういうことは考えず今しかできないことをやり続けていけば、それが逆に後々メモリーになる。それが逆にスタンダードになっていく。あんまり先のことは考えないというのを今後も続けていこうと思います。

――20年間、歌詞や楽曲づくりで、大切にされてきたことや自分の中でのルールなどはありますか?

必然的にルールのようになったのは、作るんじゃなくて「出す」ということ。頭からテーマを決めて「こういうのを作るぞ!」と向かって曲ができたことがないんですよ。自分の中ですごく自然な楽曲の出力法として、全部車を運転しながらとか、シチュエーションとともに出てくる感じです。

――WOWOWの放送を見る視聴者に向けてメッセージをお願いします。

自分のライブの映像は「もう見たくない」というものも過去にはありましたが(笑)、編集前の映像を見せてもらったんですが、これは何回も見ちゃいました。ゲストコーナーなど、見ていたらあっという間に最後まで進んでいた感じで。テレビを通じても、相当楽しめると思いますので、ぜひぜひ楽しんでいただきたいですね。

――最後に、20周年を迎えた今、今後クレイジーケンバンドとしてやっていきたいことや目標はありますか?

ダンサーとか入れてみたいですね! 動きによってグルーヴってさらに増すと思うので、ダンスだけに特化した格好いいダンサーをいれたらいいんじゃないかと。ただ、今の時点でメンバーが11人いるんで、果たして大丈夫なんだろうかという不安もあるんですけど…(笑)。曲によってはそういうのも考えたいなあと。妥協しないで、リスク覚悟で攻めていきたいという思いがありますね。思ったことをやるというのが今後の目標です。

https://news.walkerplus.com/article/127628/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス