最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【八王子天狗祭クイックレポ】Rhythmic Toy World 全力には全力を ライブバンドの誠意が引き寄せた革命の瞬間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

八王子天狗祭【白狐ステージ】 Rhythmic Toy World


白狐ステージのトリを務めるのは、昨年は同ステージのトップバッターだったRhythmic Toy Worldだ。SEが鳴ると4人は走って入場。握りしめたタオルを高く掲げるのが岸 明平(Gt)、ウキウキで小踊りするのが須藤 憲太郎(Ba)、既に上裸なのが磯村 貴宏(Dr)、オーディエンスの顔を見るなり万歳したのが内田 直孝(Vo.Gt)である。ここで内田、いきなりフロアへ下り、最前列のオーディエンスに支えられながら立っている状態に。そのまま「とおりゃんせ」でライブがスタートだ。
Rhythmic Toy World
Rhythmic Toy World

「革命を起こしに来ました!」と叫ぶ内田の歌声は遠くまでよく伸びていて、重心の低いバンドのサウンドは気迫さえ感じられるほど。めちゃくちゃ気合いが入っているのだということが1曲目からよく伝わってきた。前日までフロアが埋まらないんじゃないかと不安に思っていたことを明かした内田は、「夢のような景色をありがとうございます!」と嬉しそうな表情。しかしその光景を生み出したのは彼ら自身に他ならないわけだ。
Rhythmic Toy World
Rhythmic Toy World
Rhythmic Toy World
Rhythmic Toy World

「Team B」直前には、グッドモーニングアメリカ・たなしん(全アクト観ているとは聞いていたが、まさか自分の出番直前までそうしているなんて)をステージに呼び込み、「ファイヤー!」コールも敢行。そしてここで「JIGOKU」「ドンシンフィー」を連投。空間を塗りつぶす爆音。音圧の壁の内側から突き抜けていく歌。聴き手の心を躍らせるビート。フロアからは無数の拳と大音量の歌声が上がっていたが、オーディエンスをさらなる熱狂へ導いていたのが最新作『TALENT』収録曲であったこともまた痛快だった。
Rhythmic Toy World
Rhythmic Toy World

そしてグドモやオーディエンスへの感謝を改めて言葉にしたあと、ラストに演奏されたのは、初期の名曲「終末のカンヴァセーション」だった。直前のMCでは「ハチテンが土曜開催なのは、今日出し切って明日たっぷり余韻に浸るため」という趣旨のことを話していたが、全てを振り絞るような全身全霊の演奏を観て思ったのは、あの言葉、オーディエンスだけではなく、自分たちに向けたものだったのでは?ということ。変わりゆく瞬間を渾身で更新していくバンド・Rhythmic Toy World、ここにあり。最高の状態で、そのバトンはアンカーへと託されていく。

取材・文=蜂須賀ちなみ 撮影=タカハシ ハンナ

セットリスト
八王子天狗祭【白狐ステージ】 Rhythmic Toy World 1.とおりゃんせ 2.波紋シンドローム 3.Team B 4. JIGOKU 5.ドンシンフィー 6.終末のカンヴァセーション


外部リンク(SPICE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス