最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ホルモンを整えるマッシュルームコーヒーで、大人の冬デトックス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
冬が近づくにつれて、寒さからくる肩こりや疲労、気分の落ち込み、だるさといった悩みが増えることも。さらには、ストレスによる食べ過ぎ飲み過ぎで、はからずも体調を崩してしまう人もいるのでは?

このような場合は、心身をリセットするデトックスをおすすめします。

デトックスをするなら排卵期に行うのがベスト

毎月の中で、一番デトックスに向いている時期は排卵期です。(中略)もし、やる気が起こらない、体重が増える、ふさぎ込んでしまう、頭がぼんやりするなどの症状があるなら、それは排卵前のエストロゲンの分泌上昇と関係があります。

排卵期に上手にデトックスすることで、エストロゲンの分泌をスムーズに抑え、ホルモンバランスをより良い状態にもっていくことができるのです。

WELL+GOOD」より翻訳引用

まず、デトックスを始めるにあたって、排卵期がベストとのこと。これは、なんだかわかるような気がします。年齢を重ねるにつれて生理中はもとより排卵期も辛くなる、という声を周囲のアラフォー、アラフィフ女性から聞くことがあります。

かくいう私も、40代になってから排卵期になると半端ない眠気が襲ってくるようになりました。更年期が近づくにつれ、ホルモンの乱れとともにエストロゲンの分泌量の調整もうまくいってないのかもしれません。そこで、排卵期にデトックスをすることでホルモンバランスを改善できると聞いて、納得です。

さらにこの冬注目のデトックスメニューと合わせれば、より効果が期待できそうです。

米国で話題沸騰のアップルサイダービネガー

デトックスにおすすめなのが米国で大人気の「アップルサイダービネガー」。簡単にいえば、りんご酢のこと。

海外のウェルネスサイトを読んでいると、目にしない日はないと言っても過言ではない人気ぶりで、ミランダ・カーやグウィネス・パルトロウ、ヴィクトリア・ベッカムなどのセレブたちもこぞって愛飲している様子

ELITE DAILY」によると、起きぬけに飲むとよいのだとか。お湯やお水で割ると、飲みやすくなります。

以下のような効果を期待できるのだそう。

・自身のエネルギーを高めてくれる
・アンチエイジング・ 抗炎症作用
・血糖値を安定させてくれる
・胃腸の調子を整えてくれる
・喉の痛みを和らげてくれる
・口臭を防いでくれる
・歯のホワイトニング

BYRDIE」より翻訳引用

私も朝の1杯をレモン水からこのアップルサイダービネガーに変えたばかり。飲み始めてすぐに違いを実感しました。

まずは疲れにくくなったこと。夕方ともなると、倒れそうになるぐらい疲労感がすごかったのですが、それがなくなりました。夜も飲むようにすると、寝つきが良くなり睡眠の質も上がったような気がします(あくまで個人の感想です)。

私は、酸味のきついものが好きなので輸入スーパーやオンラインショップでオーガニックのものを選んでいますが、日本製のものもマイルドで美味しいです。飲み比べをしてみるのも楽しいですよ。

スーパーフードの新トレンド、マッシュルームコーヒー

そして、この冬もうひとつおすすめの飲み物が「マッシュルームコーヒー」。名前の通り、乾燥きのこから抽出されたエキスをカカオとブレントしたもので、味も見た目も普通のコーヒーのようです。欧米発のドリンクで、じわじわブームが来ています。

オーガニックであること、カフェインが普通のコーヒーに比べて半分以下であること、真菌類からの豊富な栄養価があることから、アサイーボウル、アボカドトーストに続く次期スーパーフードの代表格として今とても注目されているのです。

こちらは、店頭ではまだあまり見かけないのですが、オンラインショップで入手することができます。

期待できる効能は、以下の通り。

・抗酸化作用(アンチエイジング)
・酸化ストレスを減少させる(白内障、糖尿病、アルツハイマーなどの予防)
・肝機能の向上(毒素を効率的に排除できる)
・消化の働きをよくする
・老化を防止する

Dr.Axe」より翻訳引用

ホルモンを整えながら、しっかり健康面も強化していく。女性にとっては大切なことです。

来たる冬に向けて、ぜひこちらのデトックスをお試しください。

WELL+GOOD, BYRDIE, Dr.Axe

photo by Shutterstock


外部リンク(カフェグローブ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス