最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【八王子天狗祭クイックレポ】a flood of circle ストイックに放たれるロックンロールが八王子に刻んだ爪あと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

八王子天狗祭【白狐ステージ】 a flood of circle


歌と演奏で全てを伝えんと言わんばかりに、ほぼMCらしいMCもなく、楽曲のみで勝負した感がある、この日のa flood of circle。そのステージは非常にストイックながら十二分に彼らの魅力を伝える確かなものがあった。

ストーナーロックなSEに乗り、佐々木 亮介(Vo/Gt) 、HISAYO(Ba)、渡邊 一丘(Dr)と、サポートギターのアオキテツがステージに現れる。「おはようございます。a flood of circleです」という佐々木の一言を合図に、「I'M FREE」からこの日のライブは転がっていった。楽曲に漂う不穏さをかき消すが如く歌う佐々木の歌声は、今日も健在だ。その佐々木の「ぶっとばしていくゾ!!」のシャウトから「Blood Red Shoes」に入ると、HISAYOがステップを決めながら体全体でグループを育み、テツもアクションたっぷりに奔放にギターを弾き放つ。スリリングさの向こう側に待つ解き放たれた開放感が、オーディエンスを高揚させていく。
a flood of circle
a flood of circle

「八王子でロックンロールが欲しいヤツ。ついて来いよ!!」と佐々木。この誘いを呼び声に、ライブはさらに勢いを増す。3拍子を基調とした「Flyer's Waltz」で襲いかかるように会場に挑めば、それに応えるように会場中から力強いこぶしが上がる。高揚の現れからか、同曲のラストでは佐々木が弾いていたギターをステージにぶん投げる場面もあり、会場が沸く。
a flood of circle
a flood of circle

佐々木がギターをブラックファルコンに持ち換え、轟音のようなデモンストレーションの中から現れたのは、インディーズ時代からのナンバー「プシケ」。同曲は、彼らのルーズなロックンロールバンド的部分も覗かせてくれる。ラストは最新アルバムから「New Tribe」。渡邊の生み出す生命力のあるドラムと、どこか夜明けを感じさせるサウンドがステージを照らすライトの眩しさとマッチを魅せていった。

a flood of circle
a flood of circle

最新鋭のロックンロールを連射し、この八王子の地にクッキリと爪あとを残した彼ら。ひたすらに自身のロックンロールを終始放つその姿は、なんだか、「ごちゃごちゃ言わなくても、俺たちのこの音楽だけでも充分にわかり合えるだろ?」とでも言っているかのように映った。

取材・文=池田スカオ和宏 撮影=安藤 みゆ(@ad_miyu)

セットリスト
八王子天狗祭【白狐ステージ】 a flood of circle 1.I'M FREE 2.Blood Red Shoes 3.Quiz Show 4.Flyer's Waltz 5.プシケ 6.New Tribe


外部リンク(SPICE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス