最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【八王子天狗祭クイックレポ】Halo at 四畳半 敬意と感謝を気合いに変え、成し遂げた幸福な恩返し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

八王子天狗祭【白狐ステージ】 Halo at 四畳半


「千葉県佐倉市、Halo at 四畳半です!」と渡井翔汰(Vo/Gt)が挨拶し、「ステラ・ノヴァ」で演奏を開始したのはHalo at 四畳半。裸足のベーシスト・白井將人(Ba)が這わせる低音と、片山僚(Dr/Cho)による鼓動のビート。向かい合わせになって齋木孝平(Gt/Cho)と渡井が掻き鳴らす、吠えるようなギター。2年連続出演ではあるが昨年から白狐ステージの位置が変わったため、4人がこのステージに立つのは本日が初。しかし、現在ツアー中ということもありバンドサウンドには脂が乗っていて、広いアリーナを十分に鳴らすことができていた。
Halo at 四畳半
Halo at 四畳半

歌詞の一部を“ハチテン”に替えるサプライズもあった「カイライ旅団と海辺の街」の直後にマイクを取ったのは白井。『あっ、良い音楽ここにあります。その参』(2013年リリース)を機にグッドモーニングアメリカが「そっち(観客)側だった自分たちをステージ側に引き上げてくれた」存在であると紹介。「僕らはめちゃくちゃ若手なんですけど、どのバンドにも負けないライブして帰りますのでよろしくお願いいたします!」と敬意と感謝を気合いに変え、後半戦へと向かっていく。
Halo at 四畳半
Halo at 四畳半

血管ブチ切れそうな勢いで煽る渡井の様子や、洪水のように音が溢れる「春が終わる前に」に漲る熱さなどから窺えるように、白井が語った想いはメンバー共通のもの。そして「でも他人事だと思わないでください。あなたがこの場所を選んで来てくれたこと、それを誇りに思ってほしい」という渡井の言葉を機に、バンドの物語は今この場にいる全員の物語へと形を変えていった。
フロアから大きな歌声が上がるなか、ラストに演奏されたのは「モールス」。終盤に近づくにつれボーカルの語気が強くなれば、その勢いをしっかり支えるようにバンドサウンドが鳴らされ、シンガロングがその響きを豊かにさせる。「まだまだ恩を返せていない」「僕らもこんなに愛されるバンドになりました、といつかグドモに見せたい」と語っていたように、幸福な恩返しはこれからも続いていく。地面に頭がつきそうなほど深くお辞儀をしてから、4人はステージをあとにしたのだった。

取材・文=蜂須賀ちなみ 撮影=安藤 みゆ(@ad_miyu)​

セットリスト
八王子天狗祭【白狐ステージ】 Halo at 四畳半
1.ステラ・ノヴァ
2.カイライ旅団と海辺の街
3.春が終わる前に
4.リバース・デイ
5.モールス


外部リンク(SPICE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス