最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【八王子天狗祭クイックレポ】COUNTRY YARD 自身のスタイルを終始貫きリスペクトを表す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

八王子天狗祭【白狐ステージ】 COUNTRY YARD


良い意味でフェスに対しての特別感を感じさせず、いつも通りのステージを貫いた感のある、この日のCOUNTRY YARD。
「誘われた時は、こんなバンドだけど本当に出ていいのか?と躊躇していたが、悪役として出てくれ。との要請だったので出た(笑)」(Yu-ki Miyamoto(Gt) ※八王子出身)
「だからこそ、自分たちのスタイルでやるしかないと思っている」(Keisaku “Sit” Matsu-ura(Vo/Ba))
とのMC通り、彼らは終始思いっきり自分たちを魅せてくれた。
COUNTRY YARD
COUNTRY YARD

「COUNTRY YARDやるぞ!!」と、Matsu-uraの会場に向けたノンマイクでのシャウトからライブは始まった。1曲目は「Quark」。疾走メロディック2ビートナンバーが雄々しく轟く。幅広い音楽好きが集まったステージでも、あくまでも自分たちの土俵に引き込み勝負してやる、との気概が伝わってくる。「一緒に行こうか!!」と「I’ll Be With You」に入ると、Matsu-uraの主線メロディに加え、Hayato Mochizuki(Vo/G)、Miyamotoのコーラスもユニゾン。ことさらの一緒感を生んでいく。

MCではMiyamotoが、「僕らは八王子のライブハウスで育った。グドモの前身バンドやTOTALFAT、BIGMAMAらは地元の先輩バンドで、10年前からこの街でライブを演っているのを観ていた。そんな先輩たちが今やこんな大きなイベントを行えるようになり、先輩はいつまでも先輩なんだなと改めて感慨深く思った」と告げ、「バンドが育っていくにはいい街なので、それを感じて帰って欲しい」と続ける。
COUNTRY YARD
COUNTRY YARD

中盤はニューアルバムからの曲を連射。「Orb」はライブを更に加速させ、雄々しい雄叫びと呼応が会場に活力を生んでいく。また、ストロングスタイルで駆け抜けていった「You're My Fire」では、会場各所から上がるこぶしが誇らしい光景を生んだ。ラスト2曲もあくまで彼ららしさを貫く。Mochizukiのギターソロも印象的で、シンガロングも気高く誇らしげに響いた「In Your Room」。「気持ちを込めて心を込めて」(Matsu-ura)の言葉と共に、全力をぶつけるようなラストファストラン「Don't Worry, We Can Recover」では、会場もたまらんとばかりにモッシュピットが作られ、応戦している光景を目の当たりにした。

会場や客層関係なく、終始自信を持って自らをぶつけ続けた彼ら。最後、やり切った満足そうな表情が印象的であった。

取材・文=池田スカオ和宏 撮影=タカハシ ハンナ
COUNTRY YARD
COUNTRY YARD

セットリスト
八王子天狗祭【白狐ステージ】 COUNTRY YARD
1. Quark
2. Starry Night
3. I’ll Be With You
4. Orb
5. You’re My Fire
6. In Your Room
7. Don’t Worry, We Can Recover

外部リンク(SPICE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス