最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

手抜きの罪悪感が少し減る!? ホコホコの「ほうとう」を【作ってみた】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


アルミの器にセットされて売っていて、「火にかけるだけで完成!」という鍋焼きうどんやポップコーンが大好きだ。味以外の理由は多分、電子レンジでチンするだけよりも「手抜きしている」という罪悪感が少し薄れるからなんだろうなと思っている。

そんな私の超どうでもいい好みど真ん中にきたのが、「お水がいらない ほっこりかぼちゃのほうとう」だ。スープ、麺、具が層となって冷凍されており、水すら加えなくてOK。そのまま鍋でクツクツ煮れば、はい出来上がりという按配だ。

レンチン系の冷凍食品よりは少し時間がかかるけど、ガスコンロの前でクツクツ煮込むという作業が、極限に手を抜きながら「料理している感」を味わえる。

将来娘が年頃になって、もし「ひとり暮らしの彼氏が風邪ひいちゃったから消化のいいもの作ってあげたい気持ちはあるけど、正直めんどくさ!」とか言いだしたら、迷わずこれを勧めたい……。

手抜きの罪悪感が少し薄れる点に加え、なんといっても超具だくさんという点もポイント高し。かぼちゃの甘みとみそベースのスープがすごくまろやかで、モチモチのめんと絶妙にからみ気持ちもホッコホコになってくる。ほうとううどんとかぼちゃのほか、入っている具材は白菜、ごぼう、ねぎ、人参、ぶなしめじときざみ揚げで、栄養価もバッチリ。

心も体も疲れきってペッコペコというとき、最高に癒してくれること間違いなしである。

文=スモモスキー

https://www.lettuceclub.net/news/article/126745/

外部リンク(レタスクラブ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス