最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

野性爆弾・くっきーの『持ち方先生』が「人類には早すぎるレベル」でヤバイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(C)OmO

野性爆弾・くっきーといえば、奇想天外でバイオレンスなボケを繰り出すお笑い芸人だ。突然と耳を削ぐギャグや、血だらけになるといった理解不能な笑いからマニアックな人気を誇っている。

地上波のゴールデン番組では、なかなかできないような強烈な笑いを追求するくっきー。さらに、YouTubeで配信されている動画が「人類には早すぎてヤバイ」と注目を集めている。

■開始10秒でわかるヤバさ


(C)OmO

くっきー扮する「持ち方先生」こと先野枝毛子が、日常のさまざまな物の持ち方をレクチャーする『野性爆弾くっきーの持ち方先生』。お箸、小籠包、遺影などのマニアックな持ち方を紹介する番組だ。

開始10秒もしない間に「あ、これはヤバイ」という雰囲気がムンムンと漂ってくる。背景に飾られてある掛け軸や、あまりにも「ふつうすぎるくっきー」に、後々やってくるであろう狂気を感じざるをえない。

地上波でのネタ番組でも視聴者を置いてけぼりにするほど突き抜けた笑いをするくっきーだが、それがYouTubeとなるとよりマニアックに拍車がかかることは容易に想像できる。

■中身はやっぱりヤバかった


(C)OmO

さて、この箸の持ち方を見て何を想像するだろうか。これを「箸の持ち方」と言っていいのかは疑問だが、本シリーズではこのムチャクチャな持ち方がいくつも登場する。

気になる正解は「好きな異性の頬骨を押さえつけ顔面を固定するときの持ち方」。はたして、何人の視聴者が正解できるのだろうか。

(C)OmO

ちなみに先野枝毛子、箸の持ち方を指導するときは手ではなく工具を用いる。

坂本麻子が扮するアシスタントのトリートメント・エレーンに対し「きたねぇ指だなお前」「(指を)離すなつってんだろこの野郎、しっかり持ってろタコ!」と罵声を浴びせながらレクチャーする。

■哀愁と暴力を感じる謎川柳


(C)OmO

動画の最後には先野枝毛子の心の一句が発表される。くっきーファンならお察しの通り、箸の持ち方とは無関係だ。哀愁がありながら、どこかバイオレンスのニオイがする独特な川柳には「あ、怖い。なんか怖い」と思わざるをえないだろう。

これまでお笑い動画に「差し込んだマイナスドライバー」というワードが登場したことがあっただろうか。何度もいうが、本シリーズは「箸の持ち方講座」だ。この謎すぎる世界観に、お笑いファンはヤラれてしまうに違いない。

■クセになる音楽ネタも満載


(C)OmO

くっきーといえば音楽ネタも有名だが、その魅力は本シリーズでも存分に発揮される。箸の持ち方の合間に、ときには箸のことはどこへやら、音楽がメインの回も。

奇妙な歌詞とキャッチーなメロディを兼ね備えた曲を聞くだけでも、動画を見る価値はあるといっていい。

天才芸人といわれるくっきーの魅力がたっぷりつまった『野性爆弾くっきーの持ち方先生』。地上波ではけっして見られないヤバさをぜひ体験してほしい。

・合わせて読みたい→炎上確実?松本人志が賞金1000万のヤバすぎるゲームを開催

(文/しらべぇ編集部・伊藤大生

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス