最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

スイスのおすすめ観光地20選! マッターホルンなど登山家がうなるスポットを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


マッターホルンやモンブランなど世界的な山がそびえ立つスイスでは、雄大な世界自然遺産に出会える旅が楽しめます。氷河鉄道や急行列車などを利用してスイス内の観光名所を移動したり、あるいは旧市街地巡りなどで街歩きを楽しんだりするのが醍醐味。スイスには、ハイキングやトレッキングなど数え切れないほどのアクティビティがあります。ここでは、そんなスイスのおすすめ観光地をピックアップしてご紹介しましょう。旅行前に知っておきたい基本情報や治安情報なども確認しながら、スイス観光の参考にしてみてください。

■治安

永世中立国で治安の悪いイメージがないスイスですが、実際も治安は比較的良好であるといわれています。その中で、日本人が比較的遭遇しやすい犯罪は窃盗です。特にジュネーヴ及びベルン、チューリッヒ、ルツェルン、バーゼルは日本人観光客を狙った窃盗が多発しています。また、ホテルブッフェ中のレストラン、空港、駅、ホテルでも置き引きやスリが多発していますのでご注意ください。

■時差

日本との時差は、8時間で日本が進んでいます。サマータイムも実施しているため期間中は7時間の時差になります。

■飛行時間

日本からスイスは、直行便でチューリッヒ国際空港まで12時間~13時間位で、スイスインターナショナルエアラインズのみの運行です。経由便だとチューリッヒ国際空港とジュネーブ国際空港、バーゼル国際空港など選択肢が広がりますので組み合わせによっては、時間はかかるが安価で移動できることもあります。

ヨーロッパは、隣国からの入国がシェンゲン協定により緩和されていますので、鉄道移動も可能。フランス、ドイツ、イタリアからの入国もスケジュール次第、予算次第で飛行機と列車などの組み合わせができます。

■旅費

スイスは、旅の目的によって1都市滞在2都市周遊、3都市周遊など5泊7日間でいろいろなパターンが想像できます。スイスインターナショナルエアラインズ(直行便利用)ですと3都市周遊で19万円~、6泊8日間でも19万円台~と、大幅に変わらないようです。また、滞在時に利用できるスイストラベルパスフレックスがついていれば、国内主要都市の列車に乗り放題、美術館など半額特典、ケーブルカー50%オフ券などが特典でついてきます。

その他、格安のエコノミー旅で比べてみると2泊5日(カタール航空利用エコノミープラン)で8.1万円~、4泊7日間10.7万円~など直行便と比べておよそ半額で旅行ができる計算になります。予算と目的をしっかり持って、ツアープランを選ぶようにしましょう。

■言語

スイスは、公用語はイタリア語、ドイツ語、フランス語、ロマンシュ語を使用していて、ロマンシュ語も一部グラウビュンデン州では、公用語として認められています。その他スイス全土で英語はよく通用します。

■その他の注意事項

登山を目的にスイスへ旅行するのであれば、山の事故に気をつけましょう。例えばクレバス(氷河の裂け目)の滑落事故、行方不明、登山中の死亡などが、ツェル・マット、マッターホルン、モンブランにおいて残念ながら起きています。本格的な登山をする場合は、事前地元ガイドとアドバイスを行うなどしてから登山をしてほしいものです。

通貨と物価についてですが、スイスはEU非加盟国なので、自国の通貨スイスフランを使用しています。EUに加盟していないため食事や人件費が高くつき、レストランでの食事やスーパーでの買い物も物価は高いです。ファストフードも、ハンバーガーとドリンクで1000円位、ディナーは料理だけで5000円位です。滞在費の中でも食費が一番気になる部分だと感じます。クレジットカードは利用できない店も多いので、スイスフランを用意しておきましょう。

スイスのおすすめ観光地1.マッターホルン

マッターホルン

スイスとイタリアの国境にそびえるマッターホルンは、四角錘の独立峯でヨーロッパのアルプスの山々で最も人気のある山です。4478mの最高地点は、実はスイスではなくイタリア領内にあります。呼び名もイタリアではモンテ・チェルビーノ、フランスではモン・セルバンと呼ばれています。

アルプスへの登山は、ロッククライミングというよりはアイスクライミング、といわれているほど真夏でも氷が残り、強風(烈風)が吹けば、凍死してしまう可能性があります。登山者はたとえプロに同行してもらったとしても、天候によって生死を分けるといっても過言ではありません。

周辺の展望台からは天気のいい日にマッターホルンの全景を見ることができますので、間近で見たい方は、周辺の峯からマッターホルンを眺めましょう。

スイスのおすすめ観光地2.ローザンヌ大聖堂

ローザンヌ大聖堂
ローザンヌの街は、坂道が多くスイスの典型的な落ち着きと静寂が感じられるヴォー州の首都です。ジュネーヴから車で35~50分で到着でき、パリからTGVで3時間40分後には到着できます。レマン湖沿いにはのどかな光景が広がり、また中心部には国際オリンピック委員会(IOC)やローザンヌ大学、スイス連邦最高裁判所などもあります。

小高い丘にあり市庁舎の正面を背にして建つローザンヌ大聖堂は、スイスにおけるもっとも美しい教会として知られ、特に「バラ窓」と呼ばれるステンドグラスが有名です。鐘楼にも登ることができ、232段の階段を登るとアルプスの山々とレマン湖、ローザンヌの街並みが見渡せます。おもしろいのは、大聖堂から時間を伝えるのは鐘ではなく人間の肉声であるということ。夜10時~深夜2時までは大きな声で「今何時だよ」とよびかける担当者がいることです。レストランでの夕食の帰りに、その肉声が聞こえたらとてもラッキーですね。

スイスのおすすめ観光地3.フリブール

フリブール

ドイツ語とフランス語の国境の街フリブールは、フライブルクともよばれ街の読み方は2通りあります。建物を見てもわかるのですが、歴史の長さはヨーロッパで1、2を争う古い都で、1157年から続いています。カトリック教会の支配下にあったため、有名なフリブール大学神学部もあり、熱心に勉強する学生もいます。

ここフリブールには街のシンボル的な大聖堂「聖二コラ大聖堂」がそびえ、ゴシック様式の外観と、美しいステンドグラスの内部も大変興味深い教会となっています。外面の浮彫は入口に「最後の晩餐」、南口には東方の三博士が描かれています。

楽器職人によるパイプオルガンや、塔のてっぺんの368階をのぼりきったところのらせん階段の上からは、フリブールを一望できる展望所もあり、訪れる価値はあります。

スイスのおすすめ観光地4.ソロトゥルン

ソロトゥルン※写真はイメージです

スイスの西部に連なるジュラ山脈の麓にあるソロトゥルンは、城壁に囲まれた静かな街です。旧市街には司教座の聖ウルス聖堂、時計塔、イエズス会の教会などがあり賑やかです。

城壁の外には市立美術館があって、「ソロトゥルンのマドンナ」(ハンス・ホルバイン)を収蔵しています。

スイスのおすすめ観光地5.マッターホルン・グレッシャー・パラダイス

マッターホルン・グレッシャー・パラダイス
ヨーロッパ最高地点の展望台、マッターホルン・グレッシャー・パラダイスは、標高3817mの場所に駅があり、村からわずか40分程で頂上に立つことができます。氷河の上にスキー場があり、ロープウェイ乗り場からは眼下に流れる氷河を望むことができます。

スイスとイタリアの国境にそびえ建つマッターホルンの東側、ブライトホルンのすぐ手前にある小峰は、見た目がマッターホルンに見えるため「クライン(小)マッターホルン」とも呼ばれています。スイスアルプスの景観を味わいたいなら、このマッターホルン・グレッシャー・パラダイスを目指してみましょう。

スイスのおすすめ観光地6.チューリッヒ

チューリッヒ
スイスの文化芸術の中心地、チューリッヒは、空の玄関口のチューリッヒ空港がある場所です。多くの旅行者がスイスを訪れるとまずはチューリッヒの市街地を目指します。街の中心には、リマト川が流れ遊覧船や観光船が行き来しています。

チューリッヒは、水と緑の都で湖畔の小さな歴史都市です。鉄道やバスなどの公共機関を使って移動すると観光にも便利です。シャガールのステンドグラスが美しい聖母聖堂や、ヨーロッパ最大の時計がある聖ペーター教会、大聖堂、チューリッヒ美術館など美しい湖畔の街にはたくさんの観光名所があります。もし、チューリッヒ美術館へ行くならば入口の「地獄の門(オーギュスト・ロダン作)」を見てください!

スイスのおすすめ観光地7.チャップリン・ミュージアム

チャップリン・ミュージアム※写真はイメージです

世界の喜劇王、チャーリーチャップリンの美術館がスイスにオープンしました。晩年をレマン湖湖畔の街ヴヴェイで過ごした終の棲家を2016年春に「チャップリン博物館」として展示スペースを開放しました。俳優、映画監督、脚本家、プロデューサーなど数々の肩書気を持つチャップリンの軌跡が、この場所で一挙に見ることができます。

スイスのおすすめ観光地8.FIFAサッカーミュージアム

FIFAサッカーミュージアム※写真はイメージです

国際サッカー連盟(FIFA)の本部がチューリッヒに置かれていることから、2016年にFIFAサッカーミュージアムをオープンしました。

歴代のワールドカップ覇者の歴史やトロフィー、ユニフォームなど1000点以上が展示され、サッカー大好きな人にはたまらない場所となっています。チューリッヒの中央駅からトラムで10分程のアクセス抜群の場所にあります。サッカーに興味がない人も、最新のテクノロジーがちりばめられているFIFAサッカーミュージアムへぜひ足を運んでみましょう。

スイスのおすすめ観光地9.グレッシャー・エクスプレス(氷河急行)

グレッシャー・エクスプレス(氷河急行)

サン・モリッツとツェル・マットを結ぶ全長290km、時間にして8時間の列車の旅「グレッシャー・エクスプレス(氷河急行)」は深い谷と91のトンネルを抜ける列車の旅が楽しめる急行列車で、座席に座っているだけでスイスの絶景、美しさを丸ごと堪能できる列車です。途中の駅は、小さな村が多く列車に乗るのがちょっと飽きたら途中下車して観光してもいいですし、全部乗らなくても、一部の区間を折り返しで利用しても大丈夫。

スイスの観光列車グレッシャー・エクスプレス(氷河急行)から絶景を楽しみましょう。車内は最新式のシートで窓も列車の面積を最大限に生かしてある大きな窓です。食堂車はないのですが、軽食は取れるバー車両が連結しています。

スイスのおすすめ観光地10.ベルン旧市街

ベルン旧市街
15世紀に造られたベルン旧市街は、街全体が世界遺産に登録されていて石畳の道と赤煉瓦の屋根が印象的な街です。ツェーリンゲン公が要塞都市を築いたのが始まりで木造の街並みが大火で焼失してから石造りで再現され、今に至ります。 石造りのアーケードには、100か所以上の交差点や広場に泉があり、そのデザインが美しいと評判です。

セグウェイを使った市内観光も近代と中世のマッチングがおもしろくおすすめですが、ガイドさんとゆっくり巡るのもいいでしょう。メインストリートの時計塔、旧市街地の中心にある牢獄塔、緑色のドームが目立つ連邦議事堂、塔の上に建つ大聖堂など均衡のとれたものとなっています。

あの特殊相対性理論が生まれた、アインシュタインの家も必見です。小さな家の小さな机は、この机がなければ相対理論は生まれなかった、という奇跡の机と言えるでしょう。

スイスのおすすめ観光地11.ザンクト・ガレン

ザンクト・ガレン

大聖堂の豪華なバロック式の装飾のザンクト・ガレン大聖堂は宮殿の様なゴージャスな造りです。大聖堂の前には聖ガルス像が立ちスイスの代表的な教会であることがひと目でわかります。祭壇には細かく彫刻が施されたデザインで当時の繁栄が手に取るように分かります。

全盛時代の修道院図書館も立派で、10万冊を超える蔵書は天井までびっしり並べられています。また、こちらの天井画も優美で華やかな印象を与えます。ザンクト・ガレンの修道院は、世界遺産に登録されているため、もし近くまで旅する際は、絶対に訪れてほしい場所のひとつです。

スイスのおすすめ観光地12.べリンツォーナ

べリンツォーナ
イタリア語を言語に使用するローマ時代から続く歴史上重要な都市べリンツォーナは2000年に世界遺産に登録された3つの城と城壁が見所の街です。イタリアからのアルプス越えの拠点で「カステッロ・ディ・サッソ・コルバーロ」「カステルグランデ」「カステッロ・ディ・モンテベッロ」が世界遺産に登録されました。

最も大きな城、「カステルグランデ」は街の中心地、丘の上に耐えられた13世紀の要塞で。1つの塔と芝生の広場が印象的です。「カステッロ・ディ・サッソ・コルバーロ」は最も高い場所にある城で見晴らし抜群、カステルグランデ向かいの「カステッロ・ディ・モンテベッロ」はひとつの塔と2つの中庭、住居群があります。

スイスのおすすめ観光地13.メゾン・カイエ(チョコレート工場)

メゾン・カイエ(チョコレート工場)※写真はイメージです

スイス最古のチョコレート・ブランド「カイエ」のチョコレート工場脇のビジターセンターには、スイスのチョコレートの歴史とカイエの製品、ブランドの歴史が詰め込んであるミュージアムがあります。

粉ミルクを開発した創業者の息子・ダニエル・ペーターと隣人のアンリ・ネスレで、その後ミルクとチョコレートを配合しおいしいチョコレートを誕生させました。スイスでは、ネスレブランドから「カイエ」ブランドのチョコレートが発売され、そのブランド力は衰えることを知りません。スイスのお土産には、溶けない季節であればチョコレートのアソートを購入することをおすすめします。

スイスのおすすめ観光地14.グレッチャーガルテン(氷河公園)

グレッチャーガルテン(氷河公園)

ルツェルンの街のシンボル、代表的観光スポット「ライオン記念碑」のそばにある公園で、氷河によって運ばれた石がそのまま残されていたり、2万年前の氷河期にできた巨大な穴がそのまま残っていたりとめずらしい展示があります。

特に90枚の鏡張りの鏡のラビリンス「アルハンブラ」も面白いと評判で、スイス国内博覧会後に移されてからも人気です。氷河博物館(Glacier Museum)では、氷河について地質学・科学的観点から広く情報を紹介しています。

スイスのおすすめ観光地15.ムノート城(シャフハウゼン)

ムノート城(シャフハウゼン)

街を見下ろす円系の城は1377年から周辺の監視を目的に城砦の一部。つくられた城塞で円形の城は、1527年にアルブレヒト・デューラーがの論文に基づき1563~85年に造られました。1799年オーストリアとフランスの戦場になった時に破壊されましたが再建し、ライン川やブドウ畑の広がる城壁の中ではイベントを開催して市民の憩いの場になっています。

スイスのおすすめ観光地16.ピラトゥス



ルツェルンの街とフィアヴァルトシュテッター湖の街を挟んでリギの西に位置する展望台は、言い伝えによるとキリストに処刑を宣告したポンティウス・ピラトの亡霊が、各地をさまよって最後に辿りついたのがこのピラトゥスで、この山に誰かが登ろうとすると亡霊が怒り嵐をおこした、という伝説が残っています。

ピラトゥスは世界一急こう配の登山鉄道やロープウェイが楽しめる場所で、エーゼル峰やトムリスホルンなどにつながり、岩肌に張り付くような登山列車や空中散歩ができる場所です。

スイスのおすすめ観光地17.レマン湖

レマン湖
スイス最大の湖レマン湖は、アルプスのローヌ氷河が流れ込む湖で、西のジュネーヴから再びローヌ河としてフランスへと流れていきます。アルプスの山々とレマン湖は古くから多くの芸術家や王侯貴族たちを魅了しました、英語表記はジュネーヴ湖(Lake Geneva)と呼ばれています。

夏期にはレマン湖畔から出発するクルーズや、世界遺産の葡萄畑ラヴォー地区のリヴァ/サン・サフォランへのクルーズがおすすめです。対岸のフランスエヴィアンへは約30分で繋がっていて公共交通機関として、渡し船のような感覚で通年運行しています。

またレマン湖クルーズは、ランチクルーズ、ディナークルーズが楽しめ、スイス建国記念日やフランス革命記念日、大晦日などはレマン湖にあがる花火を楽しむクルーズもあります。

スイスのおすすめ観光地18.モンブラン

モンブラン

標高約4,807m。シャモニーからロープウェイで約6分のフランスでは「白い山」も、イタリア側では「魔の山」です。モンブランはフランスとイタリアの国境にまたがる山で、シャモニーはフランス領ですが、モンブラン頂を見るには、ジュネーヴからの定期バスが便利です。まずシャモニーからロープウェイで約6分~中間駅で乗り換えをしてエギーユ・デュ・ミディの北峰駅へいきます。さらにエレベーターで中央峰へ渡れば頂きが見える場所に。

スイスのおすすめ観光地19.シヨン城

シヨン城

イタリアからアルプスを越えてやってくる商人たちから税金(通行税、物品税)を頂くためにつくった関所がシヨン城です。湖に突き出た岩場の上に建つ城は、遠くから見ると湖に浮かんでいるように見えます。

ジュネーヴの宗教改革者フランソワーズ・ボニヴァルが幽閉された場所もここシヨン城で、フランソワーズ・ボニヴァルが、バイロンの詩に歌われた「シヨン城の囚人」です。

スイスのおすすめ観光地20.モントルー・ジャズフェスティバル

モントルー・ジャズフェスティバル※写真はイメージです

1967年に始まったモントルー・ジャズフェスティバルは、レマン湖畔の町のジャズフェスティバル(16日間)。年々規模が大きくなって今では世界最大級の音楽イベントになっています。日本・スイス国交樹立150周年の2014年にはギタリストの布袋寅泰さんとボサノヴァ・ シンガーの小野リサさんがゲスト参加。一流アーティストたちとのコラボレーションが叶いました。会場は「マイルス・デイビス・ホール」「オーディトリアム・ストラヴィンスキー」で行われ、モントルーが最高の音楽に包まれ、盛り上がります。

いかがでしたか? マッターホルンに代表される大自然、そして多くの歴史的建造物を有するスイス。各観光スポットをツアーなどで巡るほか、ご自身で登山など計画しアクティビティを楽しむのもいいでしょう。ただし自然には危険がつきものですので、くれぐれも安全への配慮を忘れずに。スイス観光をたっぷり楽しんで、お気に入りのスポットを見つけてみてください。

執筆者:つかさあおい(ナレッジ・リンクス)

学生の頃から趣味だった旅行は、いつしか仕事になりツアーコンダクター歴は15年。日本国内(47都道府県制覇)と海外(12カ国40都市)を旅するように。現在は旅行ライターとしてまだまだ日本人が知らない現地ネタを情報発信中。ディープでおもしろい国内旅行、その土地ならではの海外の歩き方をご紹介します。


外部リンク(マイナビ学生の窓口)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス