最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【八王子天狗祭】Gacharic Spin その技巧と華、パフォーマンスで会場中を虜に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

八王子天狗祭【白狐ステージ】 Gacharic Spin


この日唯一の女性アクトだったGacharic Spin。彼女たちがステージに現れると華が咲いたかのようなパッとした明るさが会場に広がる。が、しかし、ライブが始まれば各人の技巧やパフォーマンスに目が釘付け。ポップでJ-POPなメロディと、テクニカルさを感じさせずスッと入ってくる楽曲群は、白狐ステージのオーディエンスを魅了していった。
Gacharic Spin
Gacharic Spin

1曲目は「タリナイヤ~2014ver~」。切なさを超えたサビの部分が開放感を呼び込み、会場をここではない何処かへと引き上げてくれる。F チョッパー KOGA(Ba)のスラップからの「赤裸ライアー」では、1号 まい(パフォーマー)もアクティブにパフォーマンス。ステージや衣装、楽器の指板に埋められたLEDや電飾もきらびやかに光りだし、「もっと!もっと!」の煽りと共に会場をステージへとグッと近づける。同曲での圧巻は、はな(Vo&Dr)のツインペダル。そのバスドラの連打が会場に地響きを起こす。

Gacharic Spin
Gacharic Spin

「グドモとのかつての共演を機に、今回の出演がある」とKOGA。「引かれると思ったが、逆に面白く思ってもらって」と、オレオレオナ (Vo.&Key.)が続ける。「JUICY BEATS」では、そのオレオレオナもパフォーマーに。フロント一列に4人が並び、歌に込められた切ない物語を可視化させていく。TOMO-ZO (G.)のライトハンドから入った「ハンティングサマー」の見どころは、各人の超絶なソロ回し。彼女たちの凄いところは全てがリード楽器的存在なところ。メンバーのソロが移るたびに各人に向け、拍手と歓声が上がる。

Gacharic Spin
Gacharic Spin

この日一番の一体感が味わえたのは「シャキシャキして!!」。キャッチーで耳馴染みの良い同曲がタイトル通り会場中をシャキッとさせていく。ラストは駆け抜けるかのように「ダンガンビート」が放たれる。最後まで勢いを緩めることないラストスパートに、会場中が並走するかのような光景を見ることができた。
華やかながら、しっかりとしたテクニックに裏づけられたサウンド。みなしっかりと彼女たちの勇姿を瞼に刻みつけたことだろう。

取材・文=池田“スカオ”和宏 撮影=白石 達也

Gacharic Spin
Gacharic Spin

セットリスト
八王子天狗祭【白狐ステージ】 Gacharic Spin
1. タリナイヤ_2014
2. 赤裸ライアー
3. JUICY BEATS
4. ハンティングサマー
5. シャキシャキして!!
6. ダンガンビート


外部リンク(SPICE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス