最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

亀田史郎氏「3兄弟を洗脳した」。独自の教育方法を激白。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

11月9日放送の「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(テレビ東京系)に元ボクシングトレーナーの亀田史郎氏が登場し、3人の息子(興毅・大毅・和毅)を世界チャンピオンへと導いた、独自の教育方法を暴露した。

「学校よりまず階段走れ」が亀田家の掟


次長課長河本準一が「どういうふうにして息子さん達をプロボクサーに仕立て上げるようなこういうことに...」と話し始めるや史郎氏は「洗脳洗脳!」と言い放った。

さらに「小さい時からこいつ(息子達)を世界チャンピオンにするって俺はレールを作ってしまったから。そのレールに行かなアカンもんやから、そのために洗脳するわけ毎日。『おまえは世界チャンピオンやで。絶対こうなったらお前ごっつい金儲かるで』、とにかくいろんなことを言い続ける」と語った。

河本が「朝起きてからの行動はずっと決めていたんですか?」と尋ねると、史郎氏は「朝は普通は学校やねんけど、学校遅れてもええからとにかく階段走れ!と」と答え、「学校の先生にも『ちょっと遅れるよ』って言うてるから。義務教育で(学校に)行って(席に)座ってノート書いて寝てる子もおるし。それで行くのと、こっちは夢を求めてこれをやるよって」と説明した。

史郎氏は「それを(義務教育)言うたら間違ってるやろ?間違ってるけど俺は亀田スタイルで行くからまず階段走れ!走って(その後)学校行きたかったら行く。行きたなかったら練習しとけ。これが亀田家の勉強や」と独自の教育論を展開。

ネプチューン名倉潤が「一流になろうと思ったら特化しないとアカンということですね」と尋ねると「学校行ってる時間もったいないやん」と史郎氏。名倉が「ボクシングには普通の勉強は関係ないって切ったんでしょ?」と尋ねると、史郎氏は「もう勉強とか漢字とか分からんでええ。計算とかもできへんでええ」と言い切った。

名倉が「お父さんとして、(世界王者に)ならへんかった時に、社会出た時に勉強ええのかな?っていう不安はなかったんですか?」と問うと、史郎氏は「なられへんことは考えてない。ちょっとでもこいつアカンなって思ったらその方向へ行ってしまう」と語っていた。

(Yomerumoバラエティニュース編集部)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス