最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

マライア・キャリー、キャリア大丈夫か? ド素人の恋人にマネージャー業を任せる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ここ数年間、音楽業界よりもリアリティ番組関係の仕事を得意とするマネージャー(Stella Bulochnikov)に仕事の管理などを任せていたマライア・キャリー。その結果、リアリティ番組『Mariah’s World』にまで出たマライアの評価は下がり、彼女の元夫で音楽界の大物エグゼクティブであるトミー・モトーラ氏も「プロを雇ったほうがいい」とコメントしたほどだ。そのマライアがついにマネージャーと手を切り、今では彼女のバックアップダンサーを務めてきた恋人に全てを任せきっているという。

「彼女への唯一のアドバイスはこう。きちんとしたプロを雇って、キャリア面の管理をさせるべき。私ならドキュシリーズ(リアリティ番組)なんか絶対にやらせない。理解不能な選択だ。彼女の品位や信用性、そして素晴らしい才能の証明にまったく役立っていない。マライアは今後どうすべきか、じっくり考えることだね。」

そうメディアに語った元夫トミー・モトーラ氏も、元妻マライア・キャリーの行く末をかなり心配していたもよう。そんな彼女がようやくステラさんと手を切った。

しかしマライアにステラさんを捨てさせた人物は、恋人ブライアン・タナカだったという報道が浮上。情報筋は「今では彼がマライアの全てを仕切っている」として、『NYポスト/Page Six』にこう語っている。

「マライアとステラの関係破綻の原因はブライアンです。“マライアの日々の暮らしを取り仕切るべき人間は俺”―そう信じ込んでいたブライアンは、長いあいだステラを切ろうと画策していたのです。」

このステラさんは「マライアに決して良い影響は与えない」と言われていた人物で、スタッフにも好かれてはいなかったもよう。

「そうなんです。だから彼女がマライアから離れたことを喜んでいる人達もいるんですよ。」

だがブライアンについても、「マネージャーとしてマライアの仕事を管理できる人物ではない」という声や「大惨事になるだろう」と予測する者もいる。それもそのはず、ブライアンの本業はあくまでもダンサーで大物ミュージシャンのマネージャー業をこなせるだけの知識や経験は“ほぼゼロ”なのだ。

それでもマライアは、彼に毎週約136万円もの報酬を払っているそうだ。

「ええ。彼にすっかり恋をしているマライアは、彼が一緒にいるとまるで女子学生のようなハシャギっぷりです。そんな状況を彼はうまく利用し、(ステラさんを含む)人々を追い出したのです。今のマライアには、それさえ分からない状態ですから。」

なおこれまで大事にしてきた弁護士らも、マライアのもとを去ったという。マライアの広報担当者はこれら証言を否定したものの、『NYポスト/Page Six』が「では誰がマネージャーなのか」と質問したところ、答えなかったという。

実力、知名度、人気など、大スターの要素を全て持つマライア。しかし最近は「迷走中」と言われ、「大スターの貫録」は失いつつある。そんな彼女だけに経験・実力共に申し分のないマネージャーが必要なのだが、今のマライアに周囲の助言は“単なる戯言”にしか聞こえないようだ。

画像は『Bryan Tanaka 2017年7月19日付Instagram「In honor of a wonderful experience, a spectacular show, awesome crowds, an amazing cast and crew, and most importantly the Queen herself who pours her heart and soul into her music and shows...」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

外部リンク(テックインサイト)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス