最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

誰もが知りたい、アメリカ人男性との幸せな結婚でグリーンカード(米国永住権)を申請する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハワイ最大手の結婚相談所、マッチメイキング・ハワイの創業者、レイコ・キーファートです。

先日ハワイで国際結婚をした後、どのように移住し永住するのかに関する記事を書かせていただいたところ、とても大きな反響をいただきました。

みなさんが気になる永住について、もう少し詳しくお話ししたいと思います。

ハワイ在住アメリカ人男性と結婚してハワイに移住し、その後グリーンカード(米国永住権)を申請するまでのプロセスを今回はご紹介します。

■ ハワイのグリーンカード(米国永住権)の申請方法

アメリカ・ハワイでの国際結婚を理由にグリーンカード(米国永住権)を申請する場合は…

①弁護士を通して申請する
②自分で申請する

という2つの選択があります。

国際結婚後の永住権の申請… 多くの方々が複雑で大変だというイメージを持たれているようですが、正しい知識を持って、正しいステップを踏めばとてもシンプルで簡単です。

マッチメイキング・ハワイでは、結婚するカップルのみなさまに、正しい知識をお伝えして、敏速に永住権、労働許可証、渡航許可証を確実にゲットしていただいています。

まず、永住権の申請にあたって、念頭に置いてもらいたいことがあります。

それは、アメリカ人市民との国際結婚を理由に“グリーンカード(米国永住権)を申請する”というプロセスは、アメリカ市民である男性側が申請者で、日本国籍である女性が受取人という形になるということ。

申請をする当人は、アメリカ人男性側だということを理解してくださいね。

■ ハワイで永住権を申請する前にすべきこと



1)まずは合法に結婚をする

ハワイ在住のアメリカ人男性と、合法に結婚するには下記の2つの方法があります。

a) フィアンセビザを取得しハワイに入国、その後ハワイで結婚。
b) ESTAでハワイに入国、その後ハワイで結婚。

アメリカでは日本と違い、裁判官、もしくは牧師の前で「結婚の誓い」をしなければ結婚を成立させてくれない国です。なので、その儀式をしてくれる裁判官、または牧師を予約し結婚をされてください。

≪注意≫

結婚をする前にMarriage License を入手することを絶対に忘れないでくださいね。Department of Healthのオフィスで入手することも、ネット上からダウンロードすることもできます。

以前、マッチメイキング・ハワイであった実話ですが、結婚式を挙げる当日に、Marriage Licenseを忘れた!ということで大騒ぎになったカップルが。

結婚式の直前に、ネットからダウンロードして大急ぎで記入したそうですが、式が大幅に遅れてしまったそうです。

次に、牧師の前で結婚をする場合は、Witness(保証人)の署名が必要となります。その場合、保証人には米国籍か永住権保持者が望ましいとされています。当日は同行してもらう必要がありますので気をつけてください。

え~そんな知り合いがいないからどうしよう?と思うかもしれませんが、この人じゃなきゃだめ、という規定はないので旦那様の知り合いでもOKです。

マッチメイキング・ハワイでは過去800組以上がご結婚をされていますが、私も何度となくWitness(保証人)の署名をさせていただきました。

2)結婚証明書(Marriage Certificate)を取得する

結婚が成立すると結婚証明書(Marriage Certificate)が発行されます。

通常は2~3か月後に郵送されてきますが、それでは手続きが遅くなってしまうので、直接Department of Health(DOH)のオフィスにもらいに行きましょう。

※ ハワイは“ハワイアンタイム”ということで、結婚証明書(Marriage Certificate)の発行までに時間がかかることが多々あります。DOHでは、プロセス促進サービスをリクエストすると早く発行してもらえるので覚えておいてくださいね。

1)と2)のプロセスを終えると、“合法な「結婚」が完了” です。

■ ハワイで永住権を申請するためのプロセス



さて、ここから“グリーンカード(米国永住権)を申請する”というプロセスがスタート!

そのプロセスは、

■必要書類を準備する
■書類を送る
■指紋摂取
■面接

というプロセスを無事終了すれば、2週間くらいでグリーンカード(米国永住権)があなたの手元に届きます。

マッチメイキング・ハワイでは、ご結婚が決まるとまず初めに、カップルにオフィスに来ていただいて、結婚後のハワイへの移住、その後の永住権の申請手続きに関して、英語と日本語で詳しく説明をしています。

そのとき、必ず男性にお話をするのは、

アメリカ人市民との国際結婚を理由に“グリーンカード(米国永住権)を申請する”というプロセスは、アメリカ市民である男性側が申請者であること。

あくまで、日本国籍である女性は受取人だということ。

つまり、この申請をする当人はアメリカ人男性側だということを理解していただき、男性に主導権を持って手続きをしてもらっています。

その時、女性にも必ずお話をすること。それは、いかなる理由があろうと、決して

■男性を急かさないこと
■文句は言わないこと
■指図はしないこと

①ニコニコ笑顔で、②感謝の気持ちを最大限に表して、③英語で手続きする彼を”あなたはすごい”と誉め、④尊敬のまなざしで見つめ言葉に表す。

このことを絶対に忘れないでね!とお伝えしています。そうです!男性を動かすにはこの4つ。最大限にアピールしてくださいね。

そうすれば、男性はSweet Wifeのために喜んで手続きをしてくれることは間違いありません!(レイコ・キーファート/マッチメイキング・ハワイ創業者)

(愛カツ編集部)

外部リンク(愛カツ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス