最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

AKIRA、『HiGH&LOW』は「奇跡に近い」と感謝! TAKAHIROはバイクおねだり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』(11月11日公開)の公開初日舞台挨拶が行われ、AKIRA、青柳翔、TAKAHIRO、黒木啓司、鈴木伸之、町田啓太、佐野玲於、岩城滉一、加藤雅也が登場した。

同作は5つのチームが拮抗した勢力をもつ「SWORD」地区の中で男たちが思いをぶつけ合うエンタテインメントムービー。映画『HiGH&LOW THE MOVIE』『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』が公開されたほか、ドラマ、動画配信、コミック、SNS、オリジナルアルバム、ドームツアーなど様々に展開する。シリーズ3作品の興行収入は45億円、累計入場者数は350万人を突破した。

3年にわたる『HiGH&LOW』プロジェクトを「奇跡に近い」と評した、琥珀役のAKIRA。青柳が「僕が九十九という役で、琥珀さんについてくって決めてから3年経った」と振り返ると、「相方が青柳でよかったですね。本当に最高でしたね。青柳と一緒に」と感謝し、TAKAHIROは「間に挟まれてどうしたら!?」と苦笑していた。

それぞれ作中での印象的なシーンや苦労を聞かれると、TAKAHIROは、源治(小林直己)に追いかけられるシーンを10回以上行ったため「喉が枯れ落ちるかと思った」と過酷さを明かし、青柳は鉄板を使ったアクションに「鉄板を取りに行く必要があるのか? と真剣に考えたけど、監督がどうしても鉄板を使いたいというから」と語る。黒木は、今作で自身が演じるROCKYの本名が明かされるシーンについて「すごいやだった~」と、納得がいっていない様子だった。

また佐野は「窪田(正孝)さん演じる僕たちのボスが、『みんなを頼む』という一言にいろんなことが集約されてた」としみじみ。鈴木と町田は、カメラを持って走るという疾走感あるシーンに、上半身を動かすことができなかったため、2人で「すり足」で撮影したことを明かした。

最後に今年のミッションを聞かれると、TAKAHIROは「岩城さんがまた新しいバイクを作られたと聞いたので、それを譲り受けに」と野望を語り、岩城は「売らない、売らない。無理!」と本気で拒否。「2台新しいのができたということは、下から2台いらないのが出てくるかもしれないので。最悪それでもいいんで、ミッションをやり遂げたいと思います!」とめげずに宣言したが、「岩城さんとあんまり目をあわせられない」と恐縮していた。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス