最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

全身運動できる自転車「Standup Varibike」-クロカンスキーやスタンドアップパドルに近いエクササイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Standup Varibike」は、全身運動に向けた自転車。“手で漕げる自転車”の開発・販売で知られるドイツのVaribikeが開発した。

自転車は優れたエクササイズマシンだが、自転車を使ったトレーニングではどうしても下半身が主体になってしまう。Varibikeはこの状況を改善するため、ハンドルの位置にもペダルを取り付け、手で漕げる自転車を開発。“上半身も鍛えられる自転車”として販売している。

今回Varibikeが発表した「Standup Varibike」は、“上半身も鍛えられる自転車”という概念をさらに一歩前進させたもの。足漕ぎ用のペダルを取り去ったキックスクータースタイルにすることで、より上半身にフォーカスした。手漕ぎ用のペダルでは、両手を揃えて漕ぐ「クロスカントリースキー」モードと、通常の自転車のような漕ぎ方をする「スタンドアップパドル」モードが備えられている。

「クロスカントリースキー」モードでは、両手を揃えてペダルを漕ぎつつ、足で地面を蹴って前進する。これにより、クロスカントリースキーに近いエクササイズ効果を期待でき、スキーヤーが夏場のトレーニングに使用するのに適しているという。また膝などに痛みがあり、ジョギングができない人の有酸素運動でも効果が期待できる。

「スタンドアップパドル」モードでは、両手を使って通常の自転車のようにペダルを漕ぐ。スタンドアップパドルサーフィンなどに近い効果が期待できるので、マリンスポーツをする人が冬場のトレーニングに活用するのに適している。一般の人が腕などの筋肉を鍛えたい場合にも「スタンドアップパドル」モードが向いているだろう。

「Standup Varibike」ではその他、ハンドルを掴みキックスクーターのように地面を足で蹴って前進することも可能だ。

内装式4段変速機を搭載。一定の回転数を維持したトレーニングに使えるほか、山道を登ったり、平地を高速移動したりにも便利な設計とされている。

5秒で折り畳める機構を搭載。クルマのトランクなどに載せ、「Standup Varibike」を走行可能な私有地やサイクルパークなどに手軽に持ち運ぶことができる。

Varibikeはこれまで「Standup Varibike」の前モデルにあたる「Kick-Varibike」を欧州限定で販売してきた。今回の「Standup Varibike」の販売ではグローバルな展開を目指しており、クラウドファンディングサイトkickstarterを利用して世界に向けて販売する。kickstarterによるプロジェクトでは899ユーロの出資+150ユーロの送料で「Standup Varibike」を1台入手可能だ。出荷は2018年7月に予定されている。

外部リンク(インターネットコム)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス