最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

乃木坂46秋元真夏&堀未央奈&久保史緒里、Wアンコール「きっかけ」・小さなハプニング…東京ドーム公演振り返る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
乃木坂46・秋元真夏・堀未央奈・久保史緒里/モデルプレス=11月11日】乃木坂46の秋元真夏・堀未央奈・久保史緒里が、10日に配信された「乃木坂46全国ツアーFINAL 東京ドーム公演振り返り特番!」(SHOWROOM)に出演。7日・8日にわたって開催した初の東京ドーム単独公演を振り返った。

番組では、公演の映像を見ながらトーク。セットリストを振り返っていた際、 掘は自身のセンター曲『バレッタ』について「まさか、東京ドームで歌えるとは思わなかった」と話し、「『あらかじめ語られるロマンス』では1日目に、ここだけの話、足がつっちゃって必死に踊ってました」と小さなハプニングも明かした。

また、秋元から「3期生はリハーサルから全力でやってたから、緊張とかしなかったの?」と尋ねられた久保は「逆に緊張しすぎて、リハーサルも本番と同じように全力でお客さんいないのに手を振ったりしてました」と回顧。そんな秋元は「『ガールズルール』のイントロでやる、まいやん(白石麻衣)の『いくぞー!』っていう煽りがすごい好きで、後ろから”今日もやってる!”って思いながら見てました。今度どこかのコンサートで真似してみようかな、怒られるかな」と話していた。

◆秋元真夏「もっと高みを目指して頑張っていきたい」



さらに、2日目のWアンコールで披露した『きっかけ』について、「メンバー自身が歌いたいという思いが強くて選ばせていただいたんですけど、曲中、卒業する万理華(伊藤万理華)とひめたん(中元日芽香)を自然とメンバーみんなで囲んでて、いろんな思いがこみ上げてグッときてしまった」としみじみ。

最後には、秋元が「また次に東京ドーム公演をする機会を作って、今回ドームに来られなかった人たちに来てもらうことが私の夢なので、もっと高みを目指して頑張っていきたい」と意気込み、おなじみの「ずっきゅん!」で番組を締めくくった。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス