最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

EXILE AKIRA「HiGH&LOW」最終章公開に感無量「奇跡に近いプロジェクト」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【HiGH&LOW/モデルプレス=11月11日】11日、都内にて総合エンタテインメント「HiGH&LOW」の新作映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』初日舞台挨拶が行われ、EXILE AKIRA、青柳翔、EXILE TAKAHIRO、黒木啓司、鈴木伸之、町田啓太、佐野玲於、岩城滉一、加藤雅也らキャスト陣が登壇した。

◆最終章迎え、EXILE AKIRA感無量



シリーズ最終章となる今作。公開を迎え「普段の舞台挨拶より緊張するというかワクワクするというか…」と心境を明かしたAKIRAは、「3年間と言う長いような短い月日に、これだけの大作、プロジェクトはなかなかできることではない。点と点がひとつになって『FINAL MISSION』を迎え、奇跡に近いプロジェクトだと思いますし、男の絆を描いた感動する映画ってなかなかないと思いますので、幅広い年齢層の方に男女問わず、『HiGH&LOW』を楽しんでもらえたら嬉しいです」とこれまでを振り返りながら、感無量の様子を見せた。

また、岩城は九鬼源治を演じた小林直己について「源治のアクションは世界に通用するアクション」と太鼓判を押し、「HiGH&LOW」プロジェクトに関しても「日本でこんな映画あるのかなって。かれこれ40何年(役者を)やってますけど、僕は初めてでした。外国の映画に負けてない映画」と絶賛。AKIRAも「3年間頑張ってきた歴史が詰まっているので、日本や世界に羽ばたく映画であってほしい」と期待を込めた。

◆最新作『HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』



リアルとファンタジーがコラボした世界観で、映画、ドラマ、動画配信、コミック、SNS、アルバム、LIVEなど、あらゆるメディアを巻き込み展開する「HiGH&LOW」は、“SWORD地区”(S=山王連合会、W=White Rascals、O=鬼邪高校、R=RUDE BOYS、D=達磨一家)に存在するチームのプライドをかけた闘いと、その裏のリアリティのある大人の世界・生き様を描く物語。

すでに『HiGH&LOW THE MOVIE』『HiGH&LOW THE RED RAIN』『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』が公開されており、シリーズ最終章で劇場版4作目となる『FINAL MISSION』では、最大の敵・九龍グループとSWORDによる最後の闘いが幕を開ける。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス