最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

もしかして…その異常な嫉妬心はオセロ症候群かも!?オセロ症候群の特徴とその対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

嫉妬は相手を好きな気持ちのバロメーターのようなもの。とは言え、異常なまでの嫉妬は心理障害でもある“オセロ症候群”かもしれません。

過度な嫉妬は相手に不快感を与えるだけでなく、当の本人も苦しみます。そんな恋愛の障害を作ってしまうかもしれないオセロ症候群について解説します。



■ ■オセロ症候群とは?

オセロ症候群にある人は、異常なまでに配偶者や恋人などのパートナーに嫉妬心を抱く傾向があります。

「彼がいなくなって1人ぼっちになってしまうのではないか」「彼は裏切って離れていってしまうのではないか」などと不安にかられる状態に陥いるせいで、何の証拠もないのにそう言った妄想だけが先走り、彼の事を一日中監視したり、束縛したりという恋愛スタイルになってしまうとのこと。

また、オセロ症候群の発症理由は定かではありませんが、幼い頃に経験した親の離婚や恋愛における酷い裏切りなどのトラウマから「もう2度とそんな思いをしたくない」という気持ちが発展した結果だという見解もあります。

■ ■オセロ症候群の主な症状

以下のような項目がオセロ症候群の主な特徴です。この中で3つ以上当てはまれば、あなたもオセロ症候群に当てはまるかもしれません。

・頻繁に彼のスマホの着信やメールをチェックする

・彼に1日何度も連絡のやりとりを強要する

・必要なまでに彼の過去に執着して、嫉妬する

・彼が好きな女優やタレントの出演するテレビは見たくない

・彼の同僚女性と喋ってほしくない

・彼が他の女性の話をしたら一日中機嫌が悪い

・彼がいない部屋を物色して、女性のものがないか探した事がある

・彼の財布の中身やポケットの中身を随時確認する

■ ■オセロ症候群の解消法

パートナーに対して必要以上の束縛をして自由を奪うオセロ症候群は、精神疾患のひとつという見解もあり、自分ではなかなか改善が難しいようです。

心理カウンセラーなどの第三者に相談する事で症状が緩和される場合もあるとのこと。自分だけで抱え込まず、周りに助けを求めてみましょう。

オセロ症候群を放っておけば、相手をずっと束縛することになります。

窮屈な状態から解放されたくて別れを切り出されることも少なくないので、過度の束縛は精神的な疾患かもしれないと自覚し、早めに専門家の協力を得ることがベストですよ。(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)

外部リンク(愛カツ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス