最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

テイラー新作が遂にリリース、マライアが初SSWの殿堂入り候補に、ポスト・マローン4週目の首位:今週の洋楽まとめニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今週の洋楽まとめニュースは、テイラー・スウィフトの新作の話題から。2017年11月10日にリリースされた新AL『レピュテーション』は、プレオーダー数が40万ユニットを突破した。また、AL発売直前に急遽リリースされたアルバム収録楽曲「コール・イット・ホワット・ユー・ウォント」は、先行でリリースされてきた3曲の“新生テイラー・スウィフト”的なエレクトロポップの要素がある楽曲ではなく、“恋するシンガー・ソングライター”時代のファンが切望していたソフトバラードのラブソングとなっている。加えて、新作の2曲目には、かねてより噂されていたエド・シーランがフューチャー参加の「エンド・ゲーム」と題されたコラボ曲が収録されている。

テイラー・スウィフト『レピュテーション』、プレオーダー数が40万ユニットを突破
テイラー・スウィフト、新作ALよりファンが切望したラブソング解禁
テイラー・スウィフト、最新作『レピュテーション』のトラックリストがリーク
テイラー・スウィフト、新作のトラックリストが正式公開 エド・シーラン&フューチャーとのコラボ曲収録
テイラー・スウィフト、最新作収録の「ニュー・イヤーズ・デイ」パフォーマンス映像が公開

続いて、BTS(防弾少年団)が現地時間2017年11月17日に、「MIC Drop」のスペシャル・リミックスをリリースする。今楽曲は、9月にスティーヴ・アオキが正式に認めていたコラボレーションで、「パンダ」で知られるラッパーのデザイナーがフィーチャーされており、自分たちの世界的な成功を誇示する生意気でヒップホップらしいリリックがA.R.M.Y.にはたまらないトラップ・テイストのトラックとなっている。また、BTSは「MIC Drop」のリミックスをドロップした2日後の19日に、米ロサンゼルスで開催される【アメリカン・ミュージック・アワード】に生出演することが決定しており、更に米人気トークショー『ジミー・キンメル・ライブ!』や『エレンの部屋』への出演も明らかになった。

BTS(防弾少年団)、スティーヴ・アオキ&デザイナー参加の「MIC Drop」SPリミックスを11/17リリース
BTS(防弾少年団)、米人気番組『ジミー・キンメル・ライブ!』へ出演
BTS(防弾少年団)、『エレンの部屋』にも出演決定

そして今週は、2018年の【ソングライターの殿堂】入り候補者が発表された。20年以上ヒット曲を書いていることが殿堂入りの条件となっているが、マライア・キャリーが今回初めてノミネートされていることが明らかになった。マライアがデビューしたのは1990年。「ウィ・ビロング・トゥゲザー」や「ヒーロー」など、18曲が米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で1位を獲得しており、現在最も多くのNo.1ソングを持っているアーティストだ。そんなマライアは、新たなクリスマス・アルバムをリリースすることを発表した。今作は、「恋人たちのクリスマス」をモチーフにした自身のベストセラー絵本をアニメーション映画化し、同曲や新曲も含むサウンドトラックとなっている。

マライア・キャリーやN.W.A.【ソングライターの殿堂】初ノミネート
マライア・キャリー、「恋人たちのクリスマス」を含む新たなクリスマス・アルバムを発売

さて、今週の米ビルボード・アルバム・チャートは、カントリー・シンガー、ケニー・チェズニーの新作『ライヴ・イン・ノー・シューズ・ネーション』がNo.1デビューを果たした。今作は、昨年10月にリリースした16thアルバム『コズミック・ハレルヤ』から1年振りの新作で、同名ツアーから30曲が厳選されたライブ・アルバムとなる。初動ユニット数は約22万で、9割以上はアルバムの純粋な売上だったため、音楽をストリーミングして聴かない、年配層が購入していることがこの数字から予想できる。また、2位には、ケリー・クラークソン『ミーニング・オブ・ライフ』、3位には、クリス・ブラウン『ハートブレイク・オン・ア・フル・ムーン』が初登場している。

【米ビルボード・アルバム・チャート】カントリー界のスーパースターが断トツNo.1、TOP10圏内計6作初登場

そして、今週の米ビルボード・ソング・チャートは、ポスト・マローンの「ロックスターfeat.21サヴェージ」が4週目の首位を獲得した。ストリーミングが依然として強い「ロックスター」だが、1位を死守したものの、今週は先週よりもポイントダウンしているため、次週は下位から上昇している強豪にその座を奪われる可能性が高い。その中でも最も有力なのが、今週2位に浮上したカミラ・カベロの「ハヴァナfeat.ヤング・サグ」、そして先週のストリーミング・チャートでTOP3入りしたリル・パンプ「グッチ・ギャング」など、このまま勢いが落ちなければ、首位獲得も期待できるだろう。

【米ビルボード・ソング・チャート】ポスト・マローン&21サヴェージ首位キープ、リル・パンプ自身初のTOP10入り

今週のその他の注目ニュース

フィフス・ハーモニー、初の単独来日公演が決定
N.E.R.D.、ニュー・アルバム『No_One Ever Really Dies』を【ComplexCon】で初公開
カニエ・ウェスト、音楽配信ビジネスへ参入か “Yeezy Sound”商標登録を出願
マルーン5、前作から「合理的な前進」と表現する新作『レッド・ピル・ブルース』を語る
シーア、パパラッチ対策で自身のヌード写真公開?


Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス