最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

濱田岳、直感で生きる強み「徒然なるままに」 - 老化も受け入れる俳優像と出会いの才能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●何日も継続して悩むことがない
Amazonプライム・ビデオの新しいオリジナルドラマシリーズ『日本をゆっくり走ってみたよ~あの娘のために日本一周~』(全14話・毎週金曜配信)が、10月20日から見放題独占配信中だ。『ブラック・ジャック創作秘話 ~手塚治虫の仕事場から~』著者の吉本浩二氏による人気実録漫画の実写化で、バイクで日本一周をする主人公の吉本を演じている濱田岳を取材。「極真空手の百人組手」みたいだったと、毎話新たに登場するゲストとの芝居を振り返った本作に始まり、濱田が自分で持っていると実感する"運"、役者業への思いなどを聞いた。

○「ゲストの方たちのおかげ」と痛感

――ある意味、贅沢な作りのドラマですよね。

ある意味じゃなく、贅沢ですよね。こんなスケールのものに、役者業としてこれからも出られることがあるのかと考えて、とっても有難い企画だと思いました。吉本先生の原作漫画はほぼエッセイなので、「ジャンプ」に乗るようなものじゃないですから、余計に贅沢。

――派手な冒険活劇ではなく。

そう。どっちかというとフラットなクスクス笑いの原作。これまで実写化できなかったのは、こういうスケールで撮ることができなかったからだと思うし。本当にスタッフみんなと日本一周しながら撮っていくので、純粋に男の子心としても、ドキドキワクワクしました。

――しかし役者さんとしては濱田さんひとりにかかる重圧も相当だったかと。

ほぼほぼひとりなのでね。しかも行く先々で個性的な人に会っていく。極真空手の百人組手みたいな。倒しても倒しても、次から次へと変なヤツが現れるという。毎回本当におもしろい先輩だったり俳優さんだったりが、旅をしている僕の前に元気いっぱいで挑んでくるので。戦いといったら聞こえが悪いですけど、吉本としてやりあうのはすごく楽しかったです。日本一周が大メインですが、それだけじゃお話は成り立たなくて、ゴールを迎えてこうして配信できるようになったのは、毎話毎話のゲストの方たちのおかげだと痛感しています。

――バイクの免許もこの作品のために取られたそうですね。序盤はバイクが重そうで大丈夫かなと思いましたけど、その辺も変化していきますか?

そうなんです、今回、免許を取りました。その辺の変化は如実にありましたね。若いころにバイクに乗っていたカメラマンさんにも最初の頃と全然違うと言われましたし、監督たちも、前に撮った映像を振り返ってみても乗る姿勢が全然変わったと言っていました。ほぼ順撮りだったんですが、吉本くん自身も、久々にバイクに乗るところからスタートしたので、いいシンクロが出来ました。

――印象深かった場所を挙げると?

北海道の宗谷岬ですかね。日本最北端。そこまで僕らは車で移動したんですけど、道中も「これが北海道だ!」っていう感じで楽しかったです。あと、宗谷岬に着いたときに、名古屋からスーパーカブに乗ってひとりで来た女性バイカーの方がいて、宗谷岬を見ながら涙してたんです。すごく印象的でした。

○直感で生きる心構え

――主人公の吉本くんは、仕事もなくなって、追い詰められて旅に出ます。濱田さん自身が追い詰められたときは、どうやって乗り越えてきましたか?

うーん、辛かったりしょんぼりしたりするときがあったとしても、何日も継続して悩むことがないんですよ。人間的にそういうタイプじゃなくて。昔から、受験勉強とかも苦じゃなかったし。だから追い詰められたと感じたこと自体があまりないかも。

――学校を辞めて仕事にシフトするといった大きな決断もされていますが。

その決断もあまり時間はかからなかったと思います。この仕事しか僕にはないんだ!って選んだ風に結構みなさん思ってくれてるんですけど、実際にはそうではなくて(笑)。単純に勉強は落ち着いてからでもできるかなと思ったので。このお仕事が誰でもさせてもらえるものではないというのは、子どもの頃から感じていて、同じ波はもう来ないというか、同じ役は二度とない。いま優先するのはこっちかなという直観で選んだ感じですね。

●髪が薄くなっても「武器になる」
――じゃあ、何かを乗り越えてきたという感覚は。

ないです。ちっちゃな頃からガツガツした性格じゃなくて。ザッツひとりっ子というか。食べ物も取られたら、「まあいっか、買ってもらえば」と思うようなタイプの子で、そのまま大人になっちゃったというか(笑)。

――それがいい方向に働いていると。

偶然ね。自分に才能というものがあるとしたら、人とめぐり会う運は多めに持っているかもしれません。子どものころからの現場の方々とか、このドラマもそうですね。日本一周のドラマなんて相当過酷なので、ひとつでも綻びがあったりしたら凄惨な現場になっていたと思うんですけど、みんなに助けてもらえました。そういう人たちに会える運は持っているかもしれません。

――テレビや映画はもちろん、CMでも大活躍されています。インパクトの強すぎるイメージに困ったりすることはありませんか?

素直に喜んでます。小さな子どもがわざわざ声をかけてきてくれる。そういうのって最近までなかったことですし。ちょっとは認知されるようになったのかなと、素直に嬉しいです。

○「強い男」と「未来」の理想像

――今回の吉本くんは、強い男になりたいと言って旅に出ました。濱田さんが考える強い男とは?

強い人ねぇ。僕から見たら吉本くんも十分強い気がします。僕はテントで日本一周したいなんて思えないし、でも、この人は実際にやったわけだし。それに自分に向き合った時点でだいぶ強い人だと思います。でもそのチグハグさがまたこの作品のおもしろいところというか。見ようによっては強い人なんだけど、やっていることが情けないというか、強く見えないという。また自分の強さに一切気づいていないというか。そこも楽しみ方のひとつかなと思います。

――濱田さん自身は、どんな強い人でありたいですか?

メンタル的に外部からの影響を受けない人も強いなと思いますし、それこそ、パッと見で格闘技の師範とかも、一切構えなくても強いみたいな。覇気が出てるというか。朝早起きできる人も僕にとっては強いと思いますし。朝に強い(笑)。でも結局、人に優しくすることは一番強くないとできないかなと思いますね。

――来年、30歳になりますが、どんな役者になっていきたいということは考えますか?

あまり考えないです。徒然なるままに。10歳の頃と今の僕を比べたら、これでも背も伸びましたし。ちゃんと老けてますし。結構、最近白髪が多く生えてきたりしていて。あんまり自分の映像って見ないんですけど、たまに見ると、あー、目尻とかシワっぽくなったなと。

――役者としてその変化が嬉しい?

楽しいですね。老けてきたぜ!っていう。キレッキレの二枚目でお仕事しているわけではないので、髪が薄くなったりなくなったりしても、持ち様によっては武器になるだろうし。だから変化を楽しみながらですね。

――最後に視聴者に向けてメッセージをお願いします。

吉本くんは、立川談志師匠が言うところの「落語とは業の肯定だ」みたいな、そういう、人って愚かだよねみたいなのがよく分かる人。でも僕なんかはそこが彼を好きになる要素のひとつで。そういう人間臭さは出すようにしました。ドラマ全体としては、間違いなく地上波では見れないというか。日本一周するスケールもそうですし、僕らが頑張って作り上げた内容も地上波向けではないです。ここでしか見れない作品です。楽しんでください。

■プロフィール
濱田岳
1988年6月28日生まれ、東京都出身。98年にドラマ『ひとりぼっちの君に』でデビュー。04年の『3年B組金八先生』の出演をきっかけに本格的に俳優の道にシフトした。06年に『青いうた~のど自慢 青春編~』で映画初主演、11年『ピースボート -Piece Vote-』で連続ドラマ初主演。ほか主な出演作に映画『アヒルと鴨のコインロッカー』、『永遠の0』『ヒメアノ~ル』『本能寺ホテル』、ドラマ『軍師官兵衛』『HERO』『釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~』などがある。現在NHK連続テレビ小説『わろてんか』に出演中。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス