最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

『コウノドリ』切迫早産の妊婦の悲しすぎる結末に「涙とまらない」視聴者号泣!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 綾野剛星野源が出演し、リアルな出産の現場を描いて注目を集めているドラマ『コウノドリ』(TBS系/毎週金曜22時)の第5話が10日に放送。この日の放送では、切迫早産で入院する2人の妊婦が登場。明暗がくっきりと分かれた彼女たちの出産に、SNSでは「今日のコウノドリはあかん」「涙とまらない」「やばい。悲しすぎる、ひさしぶりにドラマで泣いたよ」といった声が多数寄せられ、号泣する視聴者が続出した。

【関連】「星野源」フォトギャラリー

サクラ(綾野)の元に、妊娠27週の妊婦、西山瑞希(篠原ゆき子)が診察に訪れた。診断の結果、切迫早産の可能性があり急遽入院することになる。瑞希は、同じく切迫早産で入院していた妊婦、七村ひかる(矢沢心)と同室に入院することとなり、同じ境遇の2人はすぐに意気投合。互いに支え合い、友情を深めていくが、そんな中、瑞希の赤ちゃんに予測できなかった事態が起きてしまい…。

産後うつや子宮頸部腺がん、自然分娩と帝王切開など、産婦人科にまつわる問題を真正面から描いて人気を博している本作だが、今話では、切迫早産の妊婦の物語を展開。これまで以上に、重く、悲しいストーリーが繰り広げられ、「むり。すごい泣いた。あんなことあるんだなって。残酷すぎるって思った。色々、考えさせられました」「ああ、本当に切ないつらい。今までのコウノドリの中で、1番泣いた。声が出るくらい涙がとまらない」「この話はいけませんね。咽び泣きすぎ、頭が痛く放送出来ないレベルです。本当にこのドラマは男性こそ見るべきだけど主婦が多いのでしょうな」というコメントが相次いだ。

また、「産まれてくるだけで奇跡だ。自殺なんかしちゃいけないって思う」「ここまで生きてこられたのって本当に奇跡なんだね。コンプレックスがどうたらこうたら言っとるけど、本当に贅沢言い過ぎって今回で気付いた。今自分に出来ることは、一所懸命生きることだけ」「最初から最後まで涙止まらなかった…五体満足で丈夫な身体で生きてるって当たり前じゃないんだなぁ。奇跡なんだなぁ。その奇跡に感謝って思う回だった。やはり母は偉大」など、命や出産について考えるコメントも多く寄せられていた。

外部リンク(クランクイン!)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス