最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

岡田准一も怪体験!ジャニーズ合宿所の「最恐スポット」は意外な場所だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今は廃止されたジャニーズ合宿所。かつては都内の原宿、六本木、西麻布にあった。関西から上京したKinKi Kidsが90年代前半に入所したころ、堂本剛は不思議な体験をしている。アイドル事情に詳しい女性週刊誌の記者は言う。

「人がいないところから、物音が聞こえたというんです。その少し後、夏休みを利用して上京していたV6岡田准一も、急きょ関東で活動することになったため、入寮。同じく変な音を聞いたり、頭痛に悩まされたりしたといいます。ちなみに、音が聞こえてくるのは決まって“奥のほう”だったとか」

その合宿所には、浴室が2つあった。入寮直後、何も知らないKinKi・堂本光一が適当に入り、退室後、先輩から「そっち、出るほうだよ」と報告されている。霊感ゼロの光一は、なんの違和感もなかったようだ。

この怖い浴室を使った、えげつないイタズラが行われたこともある。近藤真彦が、後輩の少年隊東山紀之錦織一清と結託して植草克秀を閉じ込めたのだというのだ。

「植草が大声で叫んで助けを求める中、3人は大爆笑しながら浴室の扉にガムテープを貼り、扉を塞いだそうです。植草はデビュー時からイジられキャラだったので、先輩のマッチを巻き込んで意地悪していたんです」(前出・女性週刊誌記者)

80年代のマッチから、90年代のKinKiまで、歴代ジャニーズをビビらせた合宿所の幽霊騒動。その正体は今もわからずじまいだ。

(北村ともこ)

外部リンク(アサジョ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス