最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

甲斐翔真の写真に変化が!「“インスタ映え”を気にするようになりました(笑)」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「仮面ライダーエグゼイド」(2016-2017年、テレビ朝日系)のパラド役で注目され、現在放送中のdTV×FOD共同制作ドラマ「花にけだもの」などで活躍する甲斐翔真。そんな甲斐が役者デビューした映画「写真甲子園 0.5秒の夏」が11月18日より全国順次公開される。

本作は高校写真部の日本一を決める大会「写真甲子園」への出場を目指す高校生たちが、1枚の写真に青春をささげる熱き姿を描く。甲斐は「写真甲子園」出場のために奮闘する高校生・椿山翔太を演じる。

デビューから1年半がたち俳優として大きく成長した甲斐に撮影を振り返ってもらい、本作の見どころなどを聞いた。

■ 緊張MAXでリアル汗が!

――昨年の夏に撮影にされたと聞きましたが、初めての演技はどうでしたか?

とにかく初めてのお芝居だったので、まだほとんど素人状態でした(笑)。クランクインする4カ月くらい前からカメラの練習をして、北海道の東川町で3週間撮影しました。

クランクインの日にすごく緊張したのを覚えています。しかも、その日の撮影がこの作品の中で一番緊張するシーンだったんです。「写真甲子園」審査会のプレゼンテーションで、手に書いた文字がにじむというシーンだったのですが、緊張のあまり手のひらに書いた文字がリアルににじんでしまいました(笑)。ただ手のひらを見て驚くだけなのに、それがなかなかできなくて…。何度も撮り直しましたね(苦笑)。

――昨年の3月まで高校生だったということもあり、そういう意味ではやりやすかったのではないですか?

そうですね。僕がどう演じていいのか分からない部分があって菅原(浩志)監督に質問したら、「甲斐翔真ならどう演じる?」という答えが返ってきたんです。だから、僕は「等身大で演じればいいんだな」と思って伸び伸びと演じることができました。だから、椿山翔太は僕に似ているんです。

■ 撮影することの難しさを体感

―― 一眼レフカメラでの撮影はどうでしたか?

写真は好きですが、本作への出演が決まるまでは一眼レフを使ったことがなかったです。クランクイン前2~3週間に1回のペースで、自分で撮った写真をプロの方に見ていただきました。「できるだけ毎日撮ってほしい」と言われたので、仕事でもプライベートでもどこに行くのにも一眼レフを持ち歩いていましたね。いろいろと勉強になりました。

―― 一眼レフでいろいろ撮影して、感じたことはありましたか?

「写真を撮りに行くぞ!」と気合を入れて街に繰り出して、いっぱい写真を撮って家に帰るんですけど、家に帰って見てみると1枚もいい写真がない日もありました。ただ撮るだけじゃいい写真は撮れないし、シャッターチャンスを逃すと撮れないこともあるし、自分のセンスや独り善がりでは撮れない難しいものだなと思いました。

■ SNSに掲載する写真に変化が!

――ご自身はどのような写真が好きですか?

この作品では人物を撮影することが多かったのですが、僕個人としては、構図だったり色合いだったりが映えるアートな感じの写真が好きです。太陽がここにあったら、山がここにあって、川がここに流れていて、ワンポイントでここに赤い橋があってみたいな。インテリアとしても飾れそうな、きれいな絵画のような写真にひかれます。

――そういう写真は撮れたんですか?

東川町で真オレンジのきれいな夕日を撮りました。きれいに撮れていて、感動しました!

――本作の撮影前と撮影後では、写真に対する見方は変わりましたか?

SNSに載せる写真に対して、構図とか、色味とかにこだわるようになりました。いいことですが、悩み過ぎちゃって。“インスタ映え”とか気になりますね(笑)。

「写真甲子園」の審査員を務められた立木義浩先生が、「写真って氷山の一角に過ぎない。その下の海の中のものが見えてくると面白い」とおっしゃっています。その言葉を聞いて、なるほどと思いました。

■ 写真をLINEで送り合うほど仲良しに

――共演者は同年代の方が多かったと思いますが、現場の雰囲気はどうでしたか?

キャピキャピの高校生でしたね(笑)。僕、(年齢の割に)意外と落ち着いているって言われることが多くて、実年齢よりも上に見られることがよくあるんです。逆にこの方たちは絵に描いたような高校生でした。なので、そっと見守っている自分がいましたね(笑)。泊まり込みの撮影だったので、合宿みたいな感じでした。みんなで花火したり、大自然の中で遊んだり、青春を謳歌(おうか)していました。

――カメラについての話はしましたか?

お話しするというか、互いに撮り合っていました。片時もカメラから離れない感じで、映画の撮影が終わってもカメラで撮って、LINEで送り合っていましたね。“今日の写真”みたいな感じで。みんな4カ月間スキルを積み上げていたので、うまかったですね。

■ 癖のある役にも挑戦したい!

――この1年半で、本作をはじめ「仮面ライダーエグゼイド」「花にけだもの」などに出演されていますが、演じるということについてどう思いますか?

すごく難しい質問ですね。この作品にクランクインする前は、「演技って何だろう?」という感じでしたが、今ではなんとなくその楽しさが分かってきたので、より上を目指そうと思うようになりました。芝居は正解がないから面白い世界ですね。

だからこそ、「いいね!」って言われた時はうれしいです。その時がある意味正解で、それを見いだせた時が1つの快感であって、役者をやっていきたいと思う原動力でもあります。「役者で死ねたらいいな」と思わせてくれた内容の濃い1年半でしたね。

――次は、どんな役をやってみたいですか?

ごく普通のサラリーマンや正統派の刑事もいいですけど、サイコパスとか癖のある役もやりたいですね。「花にけだもの」では、自分とかけ離れた役をやっています。365日24時間営業で、元気100%みたいな (笑)。僕と全く違う役ですけど、やっていてどんどん楽しくなってきて。その影響もあり、最近プライベートでもよくしゃべるようになりました!

――最後に、椿山翔太の注目ポイントはどこですか?

椿山翔太は、この120分間の最初と最後で全く違う顔をしているところですね。いろいろな不安を抱え挫折しながらも「写真甲子園」でさまざまなことを学んで、最終的には成長していくんです。この作品を見ていただいて、やりたいことがあるけどちょっとためらっている人の背中を後押しできたらなと思います。

https://news.walkerplus.com/article/127584/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス