最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

これぞ“ひき肉料理の傑作”! 行列ができる『ひき肉少年』激ウマのヒミツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
映画「ALWAYS三丁目の夕日」に描かれた、東京オリンピック開催前の東京に住む少年にとって肉といえば、豚ひき肉か、鶏ひき肉だった。ピーマンの肉詰め、焼売、三色丼の鶏のそぼろなど、ひき肉料理がちゃぶ台に登場するとウキウキしたものだ。ときにトンカツだった日もあったが、肉といえばひき肉が相場だった。

自分よりも二回りほど年下の萎澤弘之(しぼさわひろゆき)も少年時代、大のひき肉党だった。もちろん焼肉やステーキも食べてきたが、今もひき肉が大好物。肉を勉強したかったことから、ハンバーグの名店で修業し、最後はシェフを務めた。

日々ひき肉と向き合っているうちに、ひき肉の魅力に取り憑かれた。ひき肉を使った新しい料理を提案しようと思い独立。1年間世界を旅し、各国の食文化を体験。これまでなかったひき肉料理を誕生させた。

満を持して2013年に「ひき肉少年」(港区白金)をオープン。腹一杯肉を食べたいという夢を叶えたかったことから、この屋号を選んだ。

ユニークなのは屋号だけではない。メニューも特異。ヘルシーで、かつジューシーな鹿児島産鶏もも肉で作った、天下無類の「ひき肉ライス」(1000円)を提供している。

「新しいご馳走の発見は人類の幸福にとって天体の発見以上のものである」とブリア・サヴァランは書いている。天体からすれば、ひき肉などちっぽけな存在にすぎない。けれど、3段階の大きさに挽いたひき肉でなければ出せない、不思議な食感のレシピを萎澤は探求した。

たとえば麻婆豆腐を作るなら、ひき肉がダマにならないように炒める。ところが、ひき肉ライスは、ダマにならないように注意するどころか、できる限りいじらない。

一度に炒めるひき肉は6キロ。フライパンをふれない量ではないが、ひっくり返すとき以外はできる限り肉を触らず、フライパンも動かさない。

そのためあちこちにこんがりと焦げめがついたミートボールができる。香ばしい香りをつけた肉団子を作るのが、この料理のコツだそうだ。

肉を炒め終わったら、チリ、ターメリック、シナモンなどのスパイスや、自家製チキンスープ、炒めた玉ねぎを入れて温め、仕上げにとろみをつければ完成。

ひき肉料理に添えるご飯は、薄いケチャップライスのようなピンク色。トマト、ショウガ、クミンシードを浸したオリーブオイルで作った、炊き込みご飯だ。パラパラとした感じはタイ米のようだが、青森のまっしぐらという品種だそうだ。

萎澤がたどり着いた、ひき肉料理を賞味してみた。

鳥のつくねよりも大きな団子が入っているかと思えば、粒粒のひき肉も混じっている。なんだろ、この味? 豆腐なしの麻婆豆腐のようでもあり、タコライスのようでもあるが、これまで食べたことのない味と食感だった。辛くはないが、スパイシーで風味豊か。

ピンク色のご飯がこれまた不思議な味わい。餡をかけて食べるのが一番だが、トマトやオリーブオイルの旨味を含んでいるので、ご飯だけ食べても飽きが来ない。

「卓上にある特製ニンニクだれや、春巻きの皮フライ(共に無料)をトッピングしてみてください」

萎澤にすすめられ、ラードで揚げた春巻きの皮をひき肉ライスにかけてみた。パリッと揚がった春巻きの皮が餡を含み、愉快な食感を楽しめる。ひき肉ライスに、春巻きの皮フライをかけることを思いついたところが面白い。

基本的にはひき肉ライス一本勝負だが、トッピングメニューがいくつか用意されている。

一番人気は、トマト、エメンタールチーズ、ゆで卵が盛られた「少年の夢」(1,150円)。次に頼む人が多いのは、「ちょいワルオヤジのペポーゾ」(1,780円)。黒毛和牛のスネ肉を2時間煮込んだトスカーナの伝統料理「ペポーゾ」がトッピングされている。黒コショウがきいているので、これまたひと味異なる風味を鑑賞できる。

店内で食べるときは日替わりスープが付く。丸鶏、鶏ガラ、香味野菜を7時間煮込み、チキンスープを作る。これをベースにしたスープが濃厚で、身体に優しい味わいが嬉しい。この日は卵スープだった。

東南アジアの屋台料理のようだが、中国料理やイタリアンの香りもする。世界各国で綿々と食べられてきた料理や食文化が凝縮された、ひき肉料理の傑作と呼びたい。

カウンター6席しかないので、いつも行列ができるらしい。少々待つかもしれないが、新しい天体以上の発見を体験できるはずだ。

ひき肉少年

東京都港区白金1-11-15

営業時間/11時30分~20時00分

電話/03-5420-1929

年中無休


外部リンク(ウレぴあ総研)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

グルメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス