最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

CHEMISTRY、活動休止と不仲説の真相激白 「ファン代表」ぶる菊地亜美に怒りの声も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デビューシングルがミリオンセラー、ファーストアルバムは300万枚を売り上げたツインボーカルユニット・CHEMISTRY(ケミストリー)の川畑要 (38)と堂珍嘉邦 (38)が、10日放送『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に登場。

活動休止と再始動、不仲説の真相を激白し、話題となっている。

(画像は川畑要Instagramからのスクリーンショット)

■活動休止の理由


伝説のオーディション番組『ASAYAN』(テレビ東京系)でデビュー。2012年に活動休止を発表、2017年2月から活動を再開したケミストリー。活動休止の背景は2人の独特の関係性があった。

「お互いソロでやりたかった」が、とくに堂珍がソロを熱望。「ケミストリーでできる、できないことがある。ソロだとケミストリーでできなかったことをやれる」と活動休止の理由を明かす。

■不仲説を否定


ここで菊地亜美(27)が「仲、悪かったんですよね? ファンは絶対そう思っている」と不仲説に切り込む。

「そんなマジマジ言われても…」と困惑する2人に、松本人志(54)も菊池に同調。ソロでデビューして途中からデュオになったケミストリー「だから、仲が悪い」とツッコむ。

川畑は「子供のころからの同級生ではなく、仕事のパートナー。ケンカもしたことがない」と適度な距離感を持っていると主張し、不仲説を否定した。

■再始動のきっかけは川畑から


再始動は川畑から。2015年の元旦、音楽番組を見て、「2人でしか出来ないことを感じた」川畑が「ライブでもする気ない?」と堂珍にメールしたのがきっかけ。

堂珍は気持ちが改まる年の初めのメールの上、久々に会う恥ずかしさなどを想像し1週間悩み、「今夜どう?」とやっと返信。2017年の再始動に繋がった。

■ファンは歓喜


テレビで2人が揃った姿を久しぶりに見たファンも多く、喜びの声が溢れていた。








■菊池には不快感?


盛り上げようと、場の空気を読んでの菊池の「不仲説」発言だったが、ファンの代表のように喜々として不仲説を口にした姿に、不快感を表すファンも多かった。






■大人になってからの絶交経験者は約2割


しらべぇ編集部で、全国20~60代の男女1,352名の「友人関係」について調査、約2割が「大人になってから絶交したことがある」と回答している。

©sirabee.com

ケミストリーは不仲で絶交したわけではなく、お互いの目指すものを追って、少しの間だけ別々の道を歩んだに過ぎない。

それぞれの道で鍛えられた2人の新たなケミストリー(化学反応)を、ファンは楽しみにしている。

・合わせて読みたい→ASKAが新曲発表→4時間後に覚醒剤逮捕へ ファンは唖然

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ
【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」

調査期間:2016年3月18日~2016年3月22日
対象:全国20代~60代の男女1352名(有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス