最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「秋山、出てこい!」菊田が思わず発したマイクに、小橋も唖然――小橋建太の青春おすそわけ#12・菊田一美vol.2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「小橋建太の青春おすそわけ」――“鉄人”と呼ばれた元プロレスラー・小橋建太が、現役レスラーをゲストに招いてトークを繰り広げる。悩めるレスラーたちに、小橋は果たしてどんな“青春”をおすそわけするのか?

「小橋に憧れてプロレスラーになった選手がいる。しかもいま、悩んでいるらしい」――。そんな噂を聞きつけ、オファーをした。その選手とは、大日本プロレス・菊田一美。29歳でデビューし、現在31歳。勢いのある後輩たちに先を行かれ、同期にも負け越している現状に焦りを抱いている。しかし、小橋のようなレスラーになりたい。そう熱く語る菊田の思いを、小橋が全力で受け止める。

――ライバルだと思っている選手はいますか?

菊田:ストロングBJ、全員ですね。宇藤(純久)にはとりあえず勝たないと。同期で、しかも最初からヘビー級にいる選手なので。向こうがどう思っているかは分からないですけど、まずそこですかね。あとはもう、本当に全員です。言ってしまえば、鈴木秀樹さん(※現・BJW認定世界ストロングヘビー級王者)もライバルですし。

――鈴木選手の名前は、いろいろなところでよく挙がります。意識する選手なんですか?

菊田:あの人けっこう、変わってるじゃないですか。

小橋:鈴木秀樹君て、変わってるの?

スタッフK:変わってるというか、頭がいい人だと思います。

菊田:いや、変わってます(笑)! 相当変わってるし、相当強いです。タイトルマッチ、やりたいですね。

――小橋さん以外で、好きだった選手は?

菊田:秋山(準)さんです。入り口がバーニングだったので。去年、全日本プロレスさんの若手主体興行に出させていただいたんですが、マイクで秋山さんをリングに呼び込みしたらすごい空気になりました(笑)。ずっと闘いたいと思ってたので、ついマイクで「秋山、出てこい!」って言っちゃったんですよ。

小橋:それはちょっと、先走ってしまったね(笑)。好きだから思わず言ってしまったんだろうね。準からしたら「若手の人間がそこまで上がってきてないだろ?」っていう感じだろうけど、菊田君の気持ちは分かる。一緒の空間にいると思ったら、思わず言っちゃうかもしれない。

菊田:その大会、大日本からは関本さんと岡林さんっていうトップが出たんですよ。だから全日本のトップが出ないとおかしいだろと思ったのもあって。6人タッグでは組ませていただいたことがあるんですけど、まだ闘ったことはないんです。秋山さんと試合ができたら、自分の中でなにか掴めるような気がするんですよ。

――小橋さんはいまの菊田選手と同じデビュー2、3年だった頃、どんな思いで試合をしていましたか?

小橋:無我夢中だったよ。田上(明)さんが俺より後から入ってきたけど、いきなりエリートだったし、周りも実績のある人間ばっかりだったから。とにかく練習をして自分を磨いていくしかなかった。日本人はどうしても先輩後輩があるから、格が生まれちゃうんだよね。だから外国人に思いっ切りぶつかっていったんだけど、ボッコボコにされた。それでも立ち向かっていくうちに、こっちがライバルだと思うようになって、最後は勝ったよ。(スティーブ・)ウィリアムスにも勝ったし、(テリー・)ゴディにも勝ったし、(スタン・)ハンセンにも勝った。でも、それまでは本当にボッコボコにされてたからね。だいぶ負け越してるし。

小橋:負けを恐れないというか、負けたからどうっていうんじゃなくて、どこまで本気を引き出せるか。例えば菊田君が鈴木秀樹君とやったときに、勝ち負けなんて関係ない。彼の本気をどこまで引き出すことができるか。それが段々、積み重なっていけば、その内ファンも見たいという気持ちになって、菊田君のレベルも上がっていく。相手を本気にさせることができれば、それは菊田君の勝ちだよ。いつまでも舐められてたら終わり。同期とか、身近なライバルももちろん必要だし、鈴木君のようなチャンピオンに対して勝手にライバルだと思うことも大事。宇藤君も菊田君も、そんなに差はない。

菊田:宇藤はタイトルマッチに挑戦したことがあるので、向こうのほうが上かなと思うんですけど、僕のなかではそんなに上だとは思ってないです。ジェラシーがあるだけで。いま自分はカード的にもいつも下のほうにいるので、どんどん上の人と当たっていきたいです。いい試合、心にくる試合をしなければと思ってます。

小橋:ジュニアからヘビーに移ったんだから、「菊田は体ができてないんじゃない?」と言われるようではダメだよね。しっかり体を作って、体格でも負けないようにしないと。体格だけじゃなくて、風格もそう。馬場さんによく、「チャンピオンは品がないとダメだ」って言われてた。プロレスに対する姿勢であったり、ファンのみんなに対する姿勢であったり、いろんな要素が含まれていると思うんだけど。キレイなことをするから品がいいというわけじゃなくて、ダーティーなことをしたって品がある人は品があるんだよ。

――小橋さんの試合で、一番好きな試合は?

菊田:いっぱいあるんですけど、小橋さんと三沢(光晴)さんのGHCヘビー級選手権試合。2003年3月1日だったんですけど、僕、3月1日が誕生日なので、勝手に小橋さんからの誕生日プレゼントだと思ったんです(笑)。

小橋:そうだよ、プレゼントだよ。

菊田:ありがとうございます(笑)! あとは2004年4月25日、高山(善廣)選手を相手にムーンサルトを久しぶりにやったとき、泣きました。それを見て、仕事を頑張ろうって。

小橋:エラいな、ちゃんと見てる。

菊田:めちゃめちゃ見てます! がんからの復帰戦はチケットがなかなか取れなくて、仕事の休憩時間にネットにずっと張り付いて。一番後ろしか取れなかったんですけど、なんとか入れました。

――引退試合は?

菊田:行ってないんですよ。それを見たら、僕の中でプロレスが終わっちゃうと思ったんですよね。自分はこれからやりたい人間じゃないですか。小橋さんが終わるの、見たくなかったんです。引退試合の動画も、最後のフィニッシュしか見てないです。

小橋:いまだったら見られるんじゃない?

菊田:いまだったら。ただ当時は、自分の中でヘンな感じがあったんですよね。

小橋:40分もやってるよ。8人の入退場を入れたら、1時間以上(笑)。辛抱強く、見てな。

菊田:はい(笑)!

【PROFILE】

●菊田一美(きくた・かずみ)

大日本プロレス所属。’86年3月1日、青森県平内町生まれ。5歳から空手の道場に通い、高校ではインターハイに出場。13歳の頃、プロレスにハマり、小橋建太の試合を見てプロレスラーになろうと決意。20歳のとき横浜に移住し、とび職に就く。28歳で大日本プロレスに入門。2015年4月30日、上野公園みずどりのステージ大会にて、河上隆一戦でデビュー。得意技は空手の経験を生かしたキックと、フィッシャーマンズスープレックス。手先が器用で「デスマッチアイテム職人」としても知られている。Twitter:@bjw_kzm

●小橋建太(こばし・けんた)

(株)Fortune KK代表取締役。’67年3月27日、京都府福知山市生まれ。’87年6月、全日本プロレスに入団。“プロレス四天王”と呼ばれるレスラーの一人。2000年6月、プロレスリング・ノアに移籍。’03年3月、GHCヘビー級王座獲得。13度の防衛に成功し、“絶対王者”と呼ばれる。’06年6月、腎臓がんが発覚するが、2007年12月、奇跡のプロレス復帰を果たす。’13年5月11日、引退。現在はチャリティーや講演会など、幅広い活動を続けている。Twitter:@FortuneKK0327

構成/尾崎ムギ子 撮影/橋本一美 取材協力/SUNDAY


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス