最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「暇な時間あったら携帯見ちゃう」「4分の1読んでやめた」 深刻な若者の“読書離れ”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 秋といえば“読書の秋”。しかし、原宿の若者たちに聞いてみると次のような声が聞かれる。

「全くしないです」(16歳・女性/高校生)

「(小説を)ちょっと読んで、4分の1くらいでやめた」(19歳・女性/学生)

「暇な時間あったら携帯見ちゃう」(19歳・女性/学生)

「文字数が多いのが読む意欲を下げているんじゃないかな」(17歳・女性/高校生)

「好きですよ小説。(最近読んだものは)2年前くらいになっちゃうんで覚えてないですね」(19歳・男性/学生)

近年、若者の読書離れは深刻化している。2016年に行われた全国大学生活協同組合連合会の調査では、「1日の読書時間がゼロ」という大学生の割合が49.1%と過去最高になった。調査対象は約1万人で、読書の中には電子書籍も含まれている。

読書をしない理由として多く挙がっているのが、「他の活動が忙しい」「スマホで漫画やSNSを見ている」「本を読むなら映画を見る」といったもの。読書ゼロの学生がスマホを利用する時間は1日平均で173分という調査結果も出ているようだ。

では、なぜ読書をした方がいいのか。脳科学の分野では、読書をすることが脳の前頭前野を活性化させるという研究成果が発表されている。前頭前野は“思考”“想像”“判断”などと関係が深く、使うと知識や経験が豊かになるといわれている脳の中で非常に重要な部分だ。

 読書はまず本を手に取ることから始まる。そして文章を読み、前頭前野が場面を想像したり次の展開を推測したりといった活動を行うと、それが知識・経験を豊かにする動きにつながる。そこから、もっと知りたい・調べてみたいという目的が生まれ、読書をすればするほど前頭前野が活性化していく、という循環を起こすことが大切だという。

本は映像などと比べて写真や絵がなく、頭の中で風景や登場人物の顔などを想像することになる。それらが前頭前野の活性化に有効に働いていると言われている。

まずは自分の興味がある分野から、何か1冊手にとってみてはいかがだろうか。

(AbemaTV/『けやき坂アベニュー』より)

▶ 『けやき坂アベニュー』は毎週日曜日 12:00~14:00「AbemaNews」チャンネルにて放送!

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス