最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

3日に1日は“ご褒美デー”を AYAがトレーニング中の食事ルールを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月10日に放送されたAbemaTV(アベマTV)の『芸能義塾大学』では美ボディトレーナー・AYAが5人の若手芸能人に1日5分でできるボディメイク術を教え、その後にはトレーニングと同様に重要な「食事」を教えた。AYAのレッスンを受講した5人は関あいか、小倉優香、ジャスミンゆま、Niki、北原里英。

「トレーニングと食事はどっちかだけはダメです。食事において大事なのは“自分ルール”を守ることです。朝昼晩、食べ方があります。私の場合、トレーニングは午前中に行うので、朝は炭水化物を食べ、エネルギーを事前に補給しておきます。トレーニングが終わった昼、夜は炭水化物はもういらないです。特に夜は寝るだけでエネルギーをつける必要がないので、“野菜と肉”や“野菜と魚”がいいでしょう」

しかし、こういった日が毎日続くとつらいしストレスも溜まるため、AYAはメリハリをつけるようにしている。ストイックにやる日をたとえば3日に1度の自分を甘やかす「チートデー」「ご褒美デー」を作ることによって無理なくトレーニングを続けられる。AYAも1週間に1度だけのチートデーは無理だという。

AYAによると炭水化物は取らない方が良いという。ただし、倒れてしまうのも問題なので、パワーをつける必要がある時は食すべき。なお、体の回復にもつながる肉は推奨された。そのサイズは自分の手の平サイズがいい。とにかくルールを決め、それを守ることが重要だという。

 「美しい身体の見せ方」も教えられたが、5人が若干恥ずかしがる中、「思いのほか、大袈裟にやった方がかっこよく映る」としたうえで、体を「S」の字にバキッと曲げるポーズを見せた。

 最後にAYAはこの日指導した「1日5分」のボディメイク術の意義を踏まえ、トレーニングの心構えをこう説いた。

「私は朝のクラスを指導したところで、1時間半自分のトレーニングをします。普通にジム行くと、3時間だらだら走ってくっちゃべる人がいます。でも、短時間でも濃厚にやれば体がそれなりに変わります。時間の問題ではないのです。今日はそれができました」

(c)AbemaTV

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス