最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

中村鋭一さん告別式に400人 吉田義男氏「六甲おろし全国区に」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 6日に肺炎のため87歳で亡くなった元朝日放送アナウンサーで元衆参両院議員の中村鋭一さんの告別式が10日、大阪府吹田市内で営まれ、400人が参列した。パーソナリティーの先駆者だった中村さんに続き、関西ラジオ界の“朝の顔”に君臨し続けるタレント浜村淳(82)、朝日放送・道上洋三エグゼクティブアナウンサー(74)の2人も最後の別れに駆けつけた。

 大の虎党だった中村さんの棺には阪神の球団旗がかけられた。出棺時、中村さんの長女の「六甲おろしを歌ってやっていただけないでしょうか」の声に応じ、参列者の手拍子と大合唱が始まった。

 歌を先導したのは道上氏。ABCラジオ「おはようパーソナリティ中村鋭一です」で阪神の勝利翌日に必ず六甲おろしを歌った“儀式”を継承し、40年歌い続けてきただけに、3番の歌詞まで完璧にリード。歌い終えると「ありがと~!中村さん!」と棺に叫んだ。また、「来年は阪神が優勝して先輩は六甲山の上空から、リスナーと僕は甲子園球場から高らかに六甲おろしを歌いましょう、と言いたい」と報道陣に話した。

 浜村は、中村さんの同志社大の後輩で同事務所に所属。「“東の大橋巨泉、西の中村鋭一”と呼べる名人芸。博識で話を膨らませるのがうまかった」と話術を絶賛した。「及ばずながら後を継いでいく。早くそっちの世界に呼ばないようお願いしておいた」と後進としての活躍を誓った。

 元阪神監督の吉田義男氏(84)も参列。「阪神タイガースの歌(六甲おろし)を全国区にしてくれた」と感謝し、「3年前に会った時は凄く元気だったのに。一時代が終わった感じ」と惜しんでいた。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス