最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

トヨタ自動車の2018年3月期決算の業績予測が一転して増益となった訳は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車が11月7日に発表した2018年3月期の決算予測では、連結営業利益が2兆円(前期比+0.3%)と、前回の減益予想から一転して増益の見込みとなっています。

これは為替が前回予想時より円安に推移していることや、経費削減などが寄与したことが要因で、具体的には為替変動の影響が650億円、原価改善努力が200億円、営業努力・諸経費減少などで650億円、計1,500億円が前回の通期予測に上積みされています。

これにより、2018年3月期は売上高が28兆5,000億円(前期比+3.3%)、純利益が1兆9,500億円(同+6.5%)となる模様。

2年連続の減益から免れる見通しとなった訳ですが、同社の永田副社長は「増益予想に転じた通期営業利益は為替変動の影響が多くあり、実力としては前期比で1,850億円の減益であり、まだまだやるべきことがあると考えている」としています。

近年、特に米国の顧客ニーズが乗用車からSUVやピックアップトラックにシフトしており、この状況がまだ2~3年続くと予想されることから、同社は売れ筋のSUV「ハイランダー」や「RAV4」「C-HR」、ピックアップトラック「タコマ」の現地生産能力増強により需要に対応する考え。

また乗用車については、インセンティブ競争が大変厳しいなか、先頃投入した新型「カムリ」の市場反応が良いそうで、今後は主力セダンの同車を軸にインセンティブの抑制などにより、北米事業の収益改善に務めるとしています。

(Avanti Yasunori)

【関連記事】

米国で開幕したSEMAショー2017に600hpのモンスター「C-HR」が登場!
https://clicccar.com/2017/11/06/528915/

トヨタ自動車の9月度米国販売、SUV系が好調の中で新型カムリも健闘!
https://clicccar.com/2017/10/09/519204/

新型カムリで追い込みなるか? トヨタが1~7月の生産・販売状況を発表
https://clicccar.com/2017/09/02/506614/

外部リンク(clicccar)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス