最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

夏帆、12歳から26歳まで走り続けてきて思う“女優としての哲学”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「常に求められるような役者でいたい」。そう語るのは、人間の“概念”を奪う宇宙からの侵略者と彼らに立ち向かう人々の姿を描いて好評を博し、劇場公開が決定したWOWOWのテレビドラマ『予兆 散歩する侵略者 劇場版』で主演を務めた夏帆だ。2017年は9本のテレビドラマ及び映画に出演し、まさに大活躍を見せている彼女が、「正解がわからない」からこそ魅力的だという芝居への向き合い方や、現在26歳の彼女が12歳から続けてきて思う「女優としての哲学」を語った。

【関連】夏帆、『予兆 散歩する侵略者 劇場版』インタビューカット&作品ギャラリー

本作は、数日間の行方不明の後に帰ってきた夫が、地球外からやってきた侵略者に乗っ取られていたという、劇作家・前川知大(劇団「イキウメ」)の大胆なアイディアの戯曲をもとに黒沢清監督が映像化した映画『散歩する侵略者』のアナザーストーリー。夏帆は、夫を守るために侵略者に立ち向かう山際悦子を演じる。「すごく強い女性なんです。世界が変わっていくなかで、とにかく自分の日常を守る、自分の一番大事な夫を守るということを終始貫いていく女性で、悦子の強さはすごく大事にしました」。

今回、黒沢組には初参加。「無駄がないんですよね。必要なカットしか撮らないので、その1回にすべてを懸ける。だから撮影は早く終わるんですけど、とても疲れるんです。でも毎日が心地よい疲労感で…」と回想。「現場にいる全員がその1回に懸けて自分の力を出し切る、そんな環境がすごく楽しくて。とても刺激的でした」と大いに楽しんだことを窺わせる。

劇中では、人間が特定の概念を侵略者に奪われ、当たり前に理解していたことがわからなくなる様が恐怖を生む。例えば“家族”という概念を奪われた者は「家族というものが何なのか」全く理解できなくなってしまうのだ。そこで“芝居”という概念がわからなくなった経験があるか聞くと、「よくわからなくなっています。というか、新しい現場に入るたびにわからなくなります(笑)」と自嘲。「正解がわからないですし、毎回毎回、どの現場でもそれを探っていくんですけど、やっぱりわからない。わかったと思っても、次の現場に行くと違った役で、違う現場で、違う監督で。そうなると、やり方が違いますし、わからなくなりますね」と本音を吐露する。しかし芝居はわからないからこそ魅力的だといい、「できたと思ったら、多分もうそこで終わってしまうような気もします」とも語る。

CMデビューを果たしたのが12歳。1年ほど後に初のテレビドラマに出演してから、人生の半分以上を芝居に費やしてきた彼女は、26歳という現時点で抱いている女優としての哲学も明かしてくれた。「自分がやりたいと言っても、役をいただかないと何もできない。そういう意味では、常に求められるような役者でいたいなと思います。そうなるには、自分自身と向き合わなきゃいけないし、変わって行かなきゃいけない。成長していかなきゃいけないということは、常に思っています」。

2017年には映画とテレビドラマが合計9作品上映、放送された。「すごくいいペースでお仕事させていただいているなと思いますね。ありがたいです。本当に」と白い歯を見せる。身にまとう柔らかな雰囲気とは対照的な、飽くなき芝居への探求心、仕事への情熱を秘めているからこそ、彼女は多くのクリエイターから支持を集めているのだろう。「まだやっていないこと、いっぱいあります。仕事をしたい方もたくさんいらっしゃいますし、まだまだですね。まだまだだと思いたいです」。そう語る夏帆の目には、女優としてのさらなる活躍を予感させる、キラキラとした輝きがあった。(取材・文・写真:岸豊)

『予兆 散歩する侵略者 劇場版』は2017年11月11日より公開。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス