最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【クリスマスまで後45日】山盛りのから揚げとご飯使って「から揚げクリスマスケーキ」作ってみた--ケーキにするから意味があるんだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
街はいよいよクリスマスモード。様々な店舗から拘りのクリスマスケーキが販売される時期になってきた。

定番の生クリームとイチゴ、チョコレートにチーズケーキと様々なフレーバーが並ぶがどうにもマンネリ気味…。毎年まいとし甘いケーキばっかりで飽きてきちゃう、なんて人もいるのではないか(いると信じたい)。そこで、今回はみんな大好き「から揚げ」を使ってボリューム満点の「から揚げクリスマスケーキ」を作ってみた。

■材料
材料は、から揚げ、白米、ふりかけ、レモン、ミートボール、サラダ。筆者は見た目を華やか(?)にするため、から揚げ、竜田揚げ、イカリングの3種を用意。

■手順
まずは白米にふりかけを混ぜ込む。味と量はお好みで。きれいに混ざったらケーキの型に詰めていこう。左右で色をわけてもOK。

ケーキの型に乗るくらいの大きさのお茶碗の半分まで白米を詰め、中央にミートボールを入れてさらに白米で蓋をする。なお、ミートボールはあってもなくても良い。

土台にお茶碗をひっくり返してのせ、茶碗とケーキの型をそっと取り外す。既にかなりケーキ感があるんじゃないか!?

さぁ、主役のから揚げを綺麗に盛り付けていこう。筆者はスーパーで購入したから揚げを使用したのだが、形が均一ではないため少々やりにくい場面もあった。カットしたり、形状をうまく組み合わせたりしながら白米が見えなくなるまで埋め尽くしていく。

最後にカットしたレモンとイカリングをトッピングしたら完成。ロウソクをさすとより一層クリスマス感が強まるぞ。

肉&炭水化物という間違いない組み合わせ。華やかさが足りないと感じた場合は、近くにサラダを置くか、皿の隙間に野菜を並べるとなお良い。「普通に白米とから揚げ一緒に食べればいいじゃん」などと間違っても口にしてはいけない。ケーキにするから意味があるのだ。

全てスーパーでそろえて材料費は約4,000円程度(高い!)。自宅で米を炊くか、自作の揚げ物を使えばもう少し費用が抑えられるかもしれない。キャッチーであることは確かな「から揚げクリスマスケーキ」。本能の赴くまま、ぜひ米にから揚げを盛り付けてみてほしい。

外部リンク(えん食べ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

グルメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス