最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

武豊の不倫騒動、妻・佐野量子の取材が神対応すぎて「あれが逆に怖い」と関係者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 競馬騎手の武豊(48)が10日発売の『フライデー』(講談社)にタレント・小浦愛(26)との「路上キス」写真を報じられた。同誌によれば武と小浦は10月23日、菊花賞を終えた夜に京都四条河原町の交差点で熱い抱擁をくりひろげ、さらに肩に頭をのせてキスをしたという。

「もはや”不倫常習犯”の武ですが、今回の相手は少し波乱含みの女性のようです」と語るのは、ある週刊誌の記者。

「小浦愛は少し若い頃の佐野量子(49)に似た小柄で可愛いらしいタイプ。しかし、彼女は以前から武の弟・幸四郎(39)と噂になっている厄介な女。2人は『トレセンまるごと情報局』(グリーンテレビ)でも共演し、小浦のブログには何度もツーショット写真が掲載され、競馬ファンの間では有名でした」

幸四郎はすでに騎手を引退し、調教師に転向している。しかし、まさか同じ女性を巡って兄弟で「競走」することはありえるのか。

「競馬業界は閉鎖された狭い世界です。武が15年10月に”手繫ぎデート”を『女性セブン』に報じられた美馬怜子(33)とも競馬関係の仕事で知り合っている。男ばかりで出会いの少ない世界なので、出入り業者のキャスターやタレントはチヤホヤされ、いわば『プロ野球選手が局アナを争う』ような争奪戦が繰り広げられてるんです」

■佐野がまさかの笑顔の神対応のワケとは?

だが、武にとって、弟の問題以上にこじれそうなのは妻・佐野量子(49)との仲だ。佐野はフライデーのインタビューに笑顔で応じ、夫婦のツーショットを撮るように頼むなど「妻の鑑」「神対応」と言われたが、SNS上では「逆に笑顔が怖い」「取材が帰ったら地獄だろ」「責め方がネチっこそう」という意見も飛び飛び交っている。

「フライデーの報道を受けて、今朝も各局ワイドショーが武の自宅を直撃してるんですが、その時も佐野が登場し、『キツく怒りすぎたかな?というぐらい、キチっと怒りました』と言ってます。佐野は結婚当初から『あのおっとりした喋り方はキャラで、じつはかなり気が強く、周囲が困惑している』とさんざん週刊誌に書かれていた人物。佐野が笑顔を振りまけば振りまくほど武の顔が強ばっていく様子を見てると、家庭内での第2レースが始まっているんだなと察しがつきます」(芸能関係者)

武の生涯獲得賞金は約50億と言われる。それほど稼げば浮気の一つもしたくなるだろうが、離婚となれば「慰謝料」は天文学的な数字になる。武は浮気の代償に、この先も佐野に御され続け、馬車馬のごとく働くことになりそうだ。
文・麻布市兵衛(あざぶ・いちべい)
※1972年大阪府出身。映像作家、劇団座付き作家などを経て取材記者に。著書は『日本の黒幕』、『不祥事を起こした大企業』(宙出版)など多数あり。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス