最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【エリザベス女王杯】どんなレース展開でも対応できるジュールポレールV「今週の決断」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 実力的に抜けた馬がいない今年のエリザベス女王杯。本誌は安定感が魅力のジュールポレールに本命を打つ。2走前はG1のヴィクトリアMで3着。7番人気で気楽な立場の激走だと思われがちだが、実は、このレースが見どころ十分だった。2枠3番という好枠を生かしたレースが期待されたが、スタート後の位置取りは、想定より1列後ろ。そのまま中団前目から直線に入ると、内を突けずに外からジリジリと最後までバテない脚で伸び、3着を確保。理想の展開にならなくても強さを見せたのだ。

前走の1600万下では、圧倒的な1番人気に応え、先行抜け出しの横綱相撲で勝利。馬体重が14キロ増えながら、フロンテアクイーンを退けたあたりに、本格化の兆しがうかがえる。距離が長いと不安視されているが、1600メートルよりゆったり進む2200メートルのほうが合う可能性が高い。あとは内枠を引くことを祈るばかりだ。

■対抗は3歳馬モズカッチャン 対抗は3歳馬からモズカッチャンを抜擢する。体調が戻っていなかったという前走は、レース中に落鉄というアクシデントがありながら3着。3歳牝馬はハイレベルといわれているが、もしかしたら世代トップは、この馬かもしれない。他に、同じく3歳馬のディアドラ、ドバイを制したヴィブロスまで。

馬券は、状態に不安が残るミッキークイーンと、ムーア鞍上で過剰人気のルージュバック、不器用な印象のリスグラシューは軽視して勝負。

■メルマガも好評配信中! メルマガ「『週刊大衆』競馬記者・セキネが関係者を極秘取材 これが稼げる必勝馬券!!」が好評配信中! 毎週、土日に勝負レースを厳選して送ります! 関係者からの極秘情報、そして時には週刊誌の裏側まで……!?

●配信1発目から大的中!ファンタジーS ◎コーディエライト ○ベルーガ ▲アマルフィコースト

JBCスプリント ◎ニシケンモノノフ △コパノリッキー

JBCクラシック ◎サウンドトゥルー ○ケイティブレイブ △ミツバ

百日草特別 ◎ディロス ○ゴーフォザサミット ▲ナスノシンフォニー

アルゼンチン共和国杯 ◎セダブリランテス ○スワーヴリチャード ▲ソールインパクト


外部リンク(日刊大衆)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス