最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

女優・大谷直子、悪性リンパ腫で余命3カ月だった 400万円詐欺被害も告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 女優の大谷直子(67)が10日放送のTBS「爆報!THE フライデー」(金曜後7・00)に出演。57歳の時に悪性リンパ腫を発症し、余命3カ月の宣告を受けていたことを明かした。

 57歳だった07年、突然背中に激痛が走って一歩も動けなくなったという大谷。病院で検査を受けると悪性リンパ腫に侵されていることが発覚。がん細胞の影響で骨がもろくなって背骨が圧迫骨折を起こし、リンパ管は通常の20倍に肥大するなど深刻な病状だった。

 がんの進行具合はステージ4で、家族が告げられた余命は3カ月。当時認可されたばかりの新しい抗がん剤を使った治療が始まり、43キロだった体重は33キロまで急激に落ちたという。

 絶望的な状況だったが、新薬が驚異的な効果を見せて約3カ月後にがん細胞を取り除くことに成功。「欲は全部捨てていた。3カ月で死ぬのか。死因は悪性リンパ腫ね。分かった、分かったという感じで自然にしていたら抗がん剤が素直に効いてくれた」と闘病中の心境を振り返った。

 また、退院後は抗がん剤の副作用によって判断力が低下する「ケモブレイン」を発症したことも告白。療養中に懇意にしていた写経の講師から400万円の詐欺被害にあったが、弁護士に頼ることなく独学で裁判を起こして全額取り戻したことを明かしていた。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス