最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ルーニー・マーラ主演、ジム・シェリダン監督最新作『ローズの秘密の頁』公開決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 『ドラゴン・タトゥーの女』(11)や『キャロル』(15)でカンヌ国際映画祭女優賞を受賞したルーニー・マーラ主演最新作『ローズの秘密の頁(ぺージ)』が、2018年2月3日に日本公開することが決定した。

【関連】「ルーニー・マーラ」フォトギャラリー

本作は、『父の祈りを』(93)で第44回ベルリン国際映画祭の金熊賞を受賞したアイルランドの巨匠ジム・シェリダンの5年ぶりとなる最新作で、アイルランドの人気作家セバスチャン・バリーがコスタ賞(英国の権威ある文学賞)を受賞した同名小説の実写版だ。物語は、激動の時代に翻弄されながらも、たった一つの愛を貫いた女性・ローズの生き様、そして長きにわたって封印されてきた衝撃の真実を、現在と過去の時間軸を行き来しながら壮大なスケールで描く。

主人公ローズの若かりし日を演じるルーニーは、その凛とした強さと麗しさを兼ねた佇まいで、波乱と愛に満ちたローズの生き様を見事に体現している。一方、老年のローズを演じたのは、これまでにカンヌ国際映画祭女優賞、アカデミー賞助演女優賞受賞など、輝かしい功績を持つイギリスの大女優ヴァネッサ・レッドグレイヴ。

ほかに、『キング・アーサー』(17)のエリック・バナ、『ダイバージェント』シリーズでおなじみのテオ・ジェームズら豪華なキャスト陣が脇を固めている。

映画『ローズの秘密の頁(ぺージ)』は2018年2月3日より公開。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス