最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『シルバー仮面』『レッドバロン』を知らない人こそ見てほしい! 『ブレイブストーム』タイトルは監督も由来「わかりません」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●プロデューサー・脚本・監督を1人で務める強み
日本特撮ヒーロー史に燦然と輝く伝説的名作として、今なお語り継がれている宣弘社制作のテレビシリーズ『シルバー仮面』(1971年)と『スーパーロボット レッドバロン』(1973年)の2作品が、最新の映像技術を駆使して現代によみがえった。『BRAVE STORM/ブレイブストーム』と名付けられたこの作品は、11月10日よりいよいよ全国ロードショー公開されている。

作品世界の異なる『シルバー仮面』と『レッドバロン』がどのように組み合わさるのか、映画ならではのストーリーも大いに気になるところだが、現代風に新生したシルバー仮面とレッドバロンのキャラクターデザインや、ダブル主演となる大東駿介、渡部秀に代表される魅力的なキャスティングなど、本作には特撮ファンならずとも注目すべき多くの要素が詰まっている。

ここでは、本作のプロデューサー、脚本、監督をこなした岡部淳也氏(ブラスト代表取締役)にインタビューを敢行。ついに公開を迎えた『ブレイブストーム』について直撃した。

――まずは、本企画の成り立ちについて。『シルバー仮面』『レッドバロン』といえば、もう40数年も前の特撮テレビ作品です。なぜこれらの作品をリブートすることになったのでしょう。

映画の企画は宣弘社作品をフィギュア商品化していたアルバトロス・ジャパンの村田修一さんが「宣弘社の作品を映画としてリブートしたい」と、もう7、8年ほど前から構想していたものでした。最初の企画案のとき、すでに「ブレイブストーム」というタイトルは決まっていたのですが、僕自身はどういう由来でこのタイトルになったのかはわかりません。この企画が2015年ごろいきなり実現することが決まって、僕が具体的な契約や出資関連書類の作成から映像化までの道筋をやることになった。そんな流れで、なんとなく僕が実質のプロデューサーになってしまいました。

――最初は『シルバー仮面』『レッドバロン』に加えて『アイアンキング』(1972年)も入る構想だったとうかがっていますが、3作から2作の合体作品になったのはなぜですか。

確かに最初の企画案だと3作品を組み合わせることになっていたのですが、具体的なストーリーはまったく決まっていませんでした。この3作を一緒にまとめて話を作るのはちょっと無理だと思ったんです。『アイアンキング』は静弦太郎と霧島五郎が旅をしながら悪の軍団と戦うロードムービーっぽい話で、他の作品と組み合わせづらい。だったらもう『アイアンキング』だけ外して『シルバー仮面』と『レッドバロン』の2作だったら実現可能だなと思って企画を作り直しました。

――脚本、監督を兼任されたのはどういった経緯からですか。

もともと円谷プロで『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』(2009年)の脚本を書いていましたからね。あの映画では、従来のウルトラマン映画のような「光と闇の争い」とか「信じる心が奇跡を呼ぶ」みたいな展開をわざと避けて、僕の好みとする体育会系のストーリーを作ったんです(笑)。それで今回も、2作品を組み合わせてストーリーの構成を考えていると、この方向でいいんじゃないか……最後まで書いちゃおう、ってことで全部書いてしまったわけです。

でも、1人で書いていると問題点が見えてこないですから、映画監督の北村龍平さんに客観的意見をもらいながら進めていきました。また、SF作家の堺三保さんにも意見を仰ぎましたね。映画に出てくる時間移動について不整合を指摘してもらったり。ふだんSF映画を観ていて、「ここが矛盾してる!」なんて一番物言いが多い方に先に見せて、ツッコませまくりながら脚本を作り上げていったんです。監督を自分がやることになったのも成り行きみたいなもので、多分僕は日本で一番"監督をやりたくなくてやっている監督"だと思っています(笑)。

――キャスティングについてお尋ねします。『シルバー仮面』の春日兄弟や『レッドバロン』の紅健、紅健一郎など、旧作と同じネーミングでありながらみなさんまったく新しいイメージでそれぞれの役をつかんでいると思います。まずは主役のお2人から。

春日光二は新人ではなく、役者としてスペックの高い俳優に演じてもらいたかった。大東さんは大阪で劇団新感線の舞台に出ているところに会いに行って、出演をお願いしたんです。最初は断られるか……と思っていましたが、とても快く引き受けてくださいました。紅健は最初、石川賢のマンガに出てくるような"狂犬"のイメージでシナリオを書いていたのですが、渡部さんと出会ったとき、「これはこれでいいな」と考えを変えて、渡部さんの爽やかなイメージに合わせてワイルドさを修整するよう、シナリオを書き直しました。こういうところのフットワークの軽さは、プロデューサーと脚本と監督を全部1人でやっている強みなんですね。別々だとそれぞれの意見が分かれたり、調整したりする手間がかかりますが、今回は僕のみの判断で、どんどん変えられるわけですから。

――光二を支える弟の光三、妹のはるかも素晴らしい活躍を見せてくれました。

光三も最初はもっとイロモノ的なキャラになるはずだったんですが、タモト(清風)くんに会ったら気が変わって、飄々とした人物像になりました。役者さんの持つ表現力というものがありますから、会うとどんどんいいところが膨らんで、こういう部分もあるよなと気づかせてもらえるんです。それで演じてもらったら大正解だったという。一方、はるか役の山本千尋さんは撮影に入る以前からよく知っていたんですよ。だからシナリオでも、彼女の特技(武術太極拳)を生かしたシーンを最初から想定して入れていました。

――長男の光一には、役と同じ名前を持つ春日光一さんが、長女のひとみには壇蜜さんがキャスティングされ、出番は多くないものの強烈な存在感を残しています。

壇蜜さんのひとみは、この映画全体を包み込むような「母性」を求めた結果ですね。春日光一さんは、実を言うと僕が作る次の映画に出ていただきたくて、お願いして出演してくださった一般の方なんです。これまで俳優経験はないですけれど、とてもいい雰囲気を持っている40過ぎの大型新人さんです。

――ほかの出演者さんたちも個性的な方がそろっていました。特に印象的な方がいれば教えてください。

吉沢(悠)さんの紅健一郎はロボット工学の天才ということで"天才ゆえにヘンな人"というイメージで演じていただきました。『マネーショート 華麗なる大逆転』(2015年)に出ていたクリスチャン・ベールがまさにそんなキャラクターで、参考にさせてもらいました。アンドロイド戦士のボーグは、『パイレーツ・オブ・カリビアン』にも出演していたという松崎悠希さん。この人は、日本の映画にはほとんど出たことがなかったそうなんです。マイルドな印象だったので、「坊主にして眉毛剃っていいですか?」と尋ねたらOKだったので出てもらいました(笑)。

●往年のヒーローを大胆リニューアル!

――今回の映画で特に注目すべきポイントは、Skan Srisuwanさんによるシルバー仮面、レッドバロンのリニューアルデザインだと思われます。岡部さんからはどのようなアイデアを出されましたか。

まずシルバー仮面は「シルバースーツ」という強化服に設定変更し、初期型のR1、改良型のR2へと劇中でバージョンアップさせようと考えました。R1はリブートということを意識してシルバー仮面の要素を残し、生身の口元が見えるようになっています。R1は未完成ということで悲壮感を出したいと思い、包帯を巻いているようなデザインになったんです。強化型であるR2はフルフェイスマスクで、シルバー仮面の面影がぜんぜんないようなデザインですけれど、ボディに入っている赤いラインはどことなく『シルバー仮面ジャイアント』のイメージも入っていますね(笑)。

――シルバースーツが動く際の鈍い「動作音」が非常に印象的でした。

シルバーの動作をはじめとする「効果音」は特にこだわって、アメリカのスタジオで録音する際にもかなり侃々諤々と意見を出しました。自分自身が映画を観ていて「ここおかしいんじゃないの」みたいに疑問を抱きそうなところはちゃんと直しておきたい、という感覚で作っていましたね。

――レッドバロンは昔のイメージが残っているのは頭部だけで、全体のプロポーションを含めて大胆なアレンジが施されました。

レッドバロンは周囲にビルなどを置かなくても、単体の画だけで"巨大"に見えるようにしたかったんです。だから頭が小さく、手足のパーツが大きいんです。Skanに言ったのは、レッドバロンの外装は最低限に留めて、中のギミックが見えるようにしよう。積層しているパーツの駆動するところが見えるというのを売りにしよう、ってことです。

――シルバーR1、R2やレッドバロンは、フィギュア商品化しても見栄えがするように……といった考えはありましたか。

逆に、玩具にしようという発想は一切なしでやっていました。現在の特撮キャラクター作品は玩具展開と切っても切れない関係にあるのが現状ですが、今回はまず映像ありきで作品作りをやろうという考えでしたね。

――クライマックスでレッドバロンとブラックバロンが決戦する銀座のシーンをはじめ、本作ではCGによる緻密な映像表現が際立っていました。メイキング映像を拝見しますと、シルバー(R2)が敵基地を駆けまわる場面では、グリーンバックにベルトコンベアーを置いて合成素材を作るなど「このシーンはこんな風にして撮っていたのか!」という新鮮な驚きがありました。

銀座の決戦シーンでは、もうちょっと予算があれば足元をもっと映したかったですね。足元を映すとお金がかかるんです。ベルトコンベアーのカットにしても、こういう機材があるから何か作ろうってことじゃなく、まず「こういう画を撮りたい」と発想し、そこから「どんな技術をチョイスするか」が大事なんです。とにかくCGでやらなきゃ……みたいに、道具の選択から入るのはよくない。キルギス星人なんて全身が造形物ですからね。実物ならではの気持ち悪さというものもありますから。

――音楽については、どういったところにこだわりましたか。

音楽のMike Vertaは、『ウルトラ銀河伝説』でも素晴らしい仕事をしてくれました。優れた音楽があると、情緒的なシーンの効果も倍増できるでしょう。今回の映画では編集の段階から音楽が入ることを意識して、音を入れやすいような場面作りに努めました。テレビだとスケジュールの問題もあって、音楽と映像の制作が同時進行だったりするのですが、今回はそうではなく、まず映像のほうを作り上げて、その情景に合わせて音楽を入れてもらうという、映画音楽のあるべき形でやりたかったんです。

――『シルバー仮面』『レッドバロン』というビッグタイトルを用いる関係で、どうしてもオリジナル作品をよく知る特撮マニアに響きそうな映画になると思いますが、岡部さんとしては『ブレイブストーム』をどのような層に観てもらいたいか、あるいは狙うべきターゲットなどは想定されていますか?

同じヒーローものでもアメリカの『アベンジャーズ』とかは観るのに、日本の特撮ヒーローは観ないって大人の層がいますよね。そういう人たちにこそ観ていただきたい映画になっているんじゃないかと思います。かつて『シルバー仮面』『レッドバロン』を観ていた人も大事ですけど、特撮から離れてしまった年頃の人たちにも楽しんでいただけたらうれしいですね。おかげさまで試写をご覧になった方からの評判も上々で、今まで我々のやってきたことが報われる思いです。とにかく観終わって「ああ面白かった」と誰もが思える映画ですので、ぜひ多くの方々に劇場へ足を運んでいただけたらと願っています。

映画『ブレイブストーム』は11月10日より全国劇場にてロードショー公開。

秋田英夫
主に特撮ヒーロー作品や怪獣映画を扱う雑誌などで執筆。これまで『宇宙刑事大全』『宇宙刑事年代記』『メタルヒーロー最強戦士列伝』『ウルトラマン画報』『大人のウルトラマンシリーズ大図鑑』『ゴジラの常識』『仮面ライダー昭和最強伝説』『日本特撮技術大全』『東映スーパー戦隊大全』『ゴーグルV・ダイナマン・バイオマン大全』『鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー大百科』をはじめとする書籍・ムック・雑誌などに、関係者インタビューおよび作品研究記事を多数掲載

(C)albatross japan

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス