最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【胸キュン注意】年下男子、ツンデレ王子、三角関係…秋におすすめ韓国&台湾ドラマまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 気がつけば夏も終わり、肌寒い秋がやってきましたが、AbemaTV(アベマTV)の『韓流・華流ドラマチャンネル』では秋でも豪華作品が目白押し。

徐々に冬に向かっていく秋の寂しさは、女性が「恋したい!」と思う季節。クリスマスやバレンタインデーがある恋愛シーズンの冬に向けて、恋人探しをしたくなる人も多いですよね。

10月~11月のAbemaTV『韓流・華流ドラマチャンネル』は「触れたい秋」。人肌恋しい季節にぴったりのイチャつきシーンがある恋愛ドラマを放送! 今回は、秋の夜長にオススメなイチャつきシーン満載の恋愛ドラマを紹介します。

AbemaTV(アベマTV)では、韓国や中国語文化圏の人気ドラマや映画を楽しめる専門チャンネル『 韓流・華流ドラマチャンネル 』を24時間無料で放送中。
▶︎ 【一部無料】Abemaビデオで好きな時にいつでも『韓流・華流ドラマチャンネル』人気作品を鑑賞!

『魔女の恋愛』
 恋愛恐怖症を克服するおすすめラブコメディドラマ 『 魔女の恋愛 』 。一回観れば、胸キュンの嵐が止まりません。オトナ女子にこそ観ていただきたい作品です。

パク・ソジュンが演じるユン・ドンハは、便利屋で生計を立て、あまり将来のことは考えていません。一方、オム・ジョンファ演じるパン・ジヨンはドンハよりも14歳年上。「魔女」とあだ名を付けられ、仕事に生きるアラフォーキャリアウーマンです。

 このドラマを一言で表すなら 「最強の年下男子ドラマ」 。高身長で美声というパク・ソジュンのかっこよさは、観る人を最後まで飽きさせません。特に、仲間のいたずらの標的にされてしまい、みんなの前で笑い者になり、恥をかいてしまうジヨンをキスして助けるシーンは見どころです。

そのあと、酔ったジヨンの家に連れ込まれ、身分証明書で年の差に気付くジヨン。2人は悩みに悩みまくってやっと一緒になるのですが、この苦悩あり、絶望ありの展開に目が離せません。

最初、若いお母さんと息子にしか見えなかった筆者もドラマが進むにつれ、少しずつですが着実に変わっていく2人の気持ちに心を奪われました。
▶︎ 【一部無料】Abemaビデオで『魔女の恋愛』を観る

▶︎ AbemaTVの韓流・華流ドラマチャンネルで『魔女の恋愛』をチェック!
(※放送時刻になったら通知でお知らせ! AbemaTVアプリ内「通知を受け取る」がオススメです)

番組概要

 雑誌記者のジヨンは39歳独身。自分にも他人にも厳しい仕事ぶりで、同僚からは“魔女”と呼ばれ恐れられている。ある日、大スクープを手にしたジヨンは急いで編集部へ戻ろうと、目の前にあった自転車を勝手に拝借して走りだした。アルバイトでサンタに扮し、子供にその自転車をプレゼントするはずだったドンハは慌てて彼女を追いかける。決して止まらないジヨンと必死に追いかけるドンハ。こうして出会った2人だったが……。


『王子様をオトせ!』
(C)SANLIH E-TELEVISION CO., LTD

『王子様をオトせ!』 は台湾で放送された恋愛ドラマ。台湾ドラマは面白いのですが、残念なのは日本での放送が少ないところ。

実はこのドラマ、“和製イケメン”の愛称で人気の俳優ディーン・フジオカが出演していることでも話題。もともとディーンファンだった筆者は、ドラマを観て「ディーンみたいな同僚がいたらいいのに!」と思わずにはいられませんでした。

(C)SANLIH E-TELEVISION CO., LTD

主役は、日本だけでなくアジアで人気のアイドルの飛輪海(アーロン)が、イケメン&ツンデレの社長チー・イーを演じています。イーを「好きにさせてみせる!」と意気込むヒロイン、チャオ・リャンリャンを演じるのはDream Girlsのメンバー、パフ・クオ。リャンリャンのことが好きな男、ディーンを演じるのは俳優ディーン・フジオカです。

(C)SANLIH E-TELEVISION CO., LTD

ストーリーは“ツンデレ王子”と“ひとつ屋根の下”という、ラブコメの王道パターン。いろいろあって、同じ家に暮らすことになった男女2人が恋に落ちるストーリーです。この王道パターン、筆者以外にも好きなファンはいるのではないでしょうか。

リャンリャンと一緒に過ごすうちに、トラブルに巻き込まれながらも、だんだん笑顔を取り戻していくイー。アーロンの男前ツンデレキャラが似合いすぎて、筆者はドラマ途中からリャンリャンに振り回されるイーの姿にキュンキュンしていました。

注目なのは前述でも紹介した、台湾・中国をはじめアジア全土で幅広く活躍、熱い視線を浴びる“和製イケメン”ディーン・フジオカが、アーロン演じる社長のライバルとして登場するシーンです。女を虜にする甘いマスクの裏に、情の厚さを秘め、仕事の腕も一流という役を演じています。モテ男を演じながら、ひたすらリャンリャンを見守り続けたディーンがかっこよすぎて……改めてファンになった筆者でした。ドラマでは、イーの出した社内恋愛禁止を巡ってさまざまなトラブルが起きますが、どんなトラブルが起きるのか、これはぜひドラマを鑑賞してみてください。

(C)SANLIH E-TELEVISION CO., LTD

番組概要

 デザイン会社の企画部で働くチェン・リャンリャンは、古い一軒家で暮らしている。ある朝、見知らぬ男が勝手に家に入って来て「この家を買った。すぐに出て行ってくれ」という。激怒しつつも出社すると、その男チー・イーが新しいオーナー兼社長として現れる。そして、「恋愛禁止令」を張り出したことで社内は大混乱に。


『奇皇后』
 次に紹介したい作品は、歴史ドラマ 『 奇皇后 』 。前段で紹介した2作品と系統は違うものの、中国の歴史を知らなくても充分楽しめる作品です。見どころは、ドラマで繰り広げられる壮大な「愛」。

実在の歴史上の人物“奇皇后”は、高麗から『貢女(貢物として献上されていた女性たち)』として元に入り、登りつめ、皇后として君臨するという波乱万丈の人生を送った女性です(※ドラマでは奇皇后が『貢女』にならないなど、史実と若干の違いがあります)。

政治や人生の記録だけで終わらないのがこのドラマの魅力。ドラマに出てくる女性が愛に翻弄されてしまう姿に、観ている側もいろいろ考えさせられます。主役を務めるのはハ・ジウォン。彼女らしくパワフルで、どんなピンチにも自分の意思で立ち向かい、愛する人を守り、苦しみながら傷つきながらも前進していきます。

 注目のポイントはドラマ内の衣装。チ・チャンウクが演じるタファンの衣装はストーリーが進むほど、艶やかになっていき、目を奪われます。

特に観ていただきたいシーンは1話の冒頭。スンニャン(ハン・ジウォン)とタファン(チ・チャンウク)が大礼を行います。それをワン・ユ(チュ・ジンモ)が遠くで見つめているのですが、スンニャンもタファンもワン・ユに気づくという、 三角関係 が見える貴重なシーンがあります。豪華な皇帝の衣装を着用しているのですが、その衣装に負けないタファン(チ・チャンウク)の美しさと存在感に注目です。

▶︎ 【一部無料】Abemaビデオで『奇皇后』を観る

▶︎ AbemaTVの韓流・華流ドラマチャンネルで『奇皇后』をチェック!
(※放送時刻になったら通知でお知らせ! AbemaTVアプリ内「通知を受け取る」がオススメです)

番組概要

 幼い頃、貢女として元に運ばれる途中で母と逃げ出したスンニャン(ハ・ジウォン)。だが、母は追手に殺され、逃げのびたスンニャンは男として生きることを決め、親元派の重鎮ワン・ゴ(イ・ジェヨン)に仕え、彼が最も信頼する手下へと成長する。弓などの武術に長けたスンニャンはチンピラたちのボスとしてその名が知られるようになるが、そこに別のグループのボスであるワン・ユ(チュ・ジンモ)が勝負を挑む。いがみ合うスンニャンとワン・ユだが、2人はワン・ゴが手を染めている塩の密売事件を巡って協力し合うことで、互いの素性も知らぬまま絆を深めていく。武術に自信のあるスンニャンは兵登用試験に応募し、自分の正体を明かさずに見事に合格。その武術の腕前から父親の側近に抜擢される。
 ある日、元から皇太子のタファン(チ・チャンウク)が流刑で高麗にやってくることに。巡軍万戸府はタファンの護衛を任せられることになり、スンニャンもそれに同行する。元の権力者から命を狙われているタファンとスンニャンは運命的な出会いを果たす。スンニャンはワン・ユと再会し、彼が高麗王であることを知り驚愕するが、ワン・ユはスンニャンにタファンから片時も離れるなと密命を下す。ワン・ユの失脚を目論むワン・ゴは、タファンが高麗で死ねば、その責任を問いワン・ユを退位に追い込めると考え、タファン暗殺に加担する。タファンはスンニャンの助けで間一髪で危機を乗り越えるが、陰謀によりワン・ユは退位させられる。


今回は秋に観ていただきたいドラマを3作品紹介しました。どれも胸キュンさせられるおすすめドラマです。ぜひ秋のうちに鑑賞を!

AbemaTV 韓流・華流ドラマチャンネル公式ページ
⇒ https://asiadrama-ch.abema.tv/

【もっと韓流・華流に関する記事を読む】

▶︎ 【一部無料】Abemaビデオなら「韓流•華流ドラマチャンネル」の人気作品が見放題!

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス